体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『スレイヤーズ』のファンレターとWEB小説の読者感想欄 〜対談 天酒之瓢×神坂一

shoei2

話題作、メディアミックス作品を数多く提供している、小説投稿サイト「小説家になろう」。その「小説家になろう」での連載作品を書籍化した『ナイツ&マジック』が大人気となり、既にアニメ化も決定している天酒之瓢先生が新作を発表します。

『ナイツ&マジック』後初の新作長編小説となる『ジャンキージャンクガンズ〜鉄想機譚〜』は、四六単行本レーベルカドカワBOOKSより2月10日に発売されます。

新作では「破天荒な女子主人公が大活躍」することから、『スレイヤーズ』をはじめ、多数の女性主人公作品を手掛けてきた神坂一先生との刊行記念対談が実現!
WEB小説が存在しなかった時代の貴重なエピソードや、『ナイツ&マジック』の話題から飛び出した二人の意外な共通点など、大いに盛り上がったその内容をお届けします!

●WEB小説と横書きの文化

──本日はよろしくお願いします。まずは神坂先生にお伺いしたいのですが、ネット上に掲載されている小説、いわゆるWEB小説に対しての印象をお伺いできればと思います。

神坂一(以下、神坂):その存在や盛り上がりはもちろん知っています。「カクヨム」もですが「小説家になろう」は、名前を知った時にこれはどんなものだろうと調べてみまして、その作品数や分量に驚きました。私は漫画などを衝動買いしては、読むのが追いつかなくなり積んでしまう人間なので、この量からチョイスして読み進めて……と考えると、うん、無理だなと。

──では、WEB小説またはWEB小説発の作品は読んだ事はない?

神坂:しっかり読んだという意味では『ナイツ&マジック』を書籍版6巻までと、WEB版の書籍で7巻目に相当するだろう部分は拝読しました。

天酒之瓢(以下、天酒):ありがとうございます。

神坂:それで、書籍版とWEB版で違いがあるのか気になって、書籍の1〜2巻に相当する部分のWEB版も拝読したのですが、あれ、エル君のモノローグがあるなって。

天酒:実はWEB版の時点から、関西弁は読みにくいと多数のご指摘を頂戴していまして。書籍で世に出す商品ですとなった時に、売り物として見ると厳しいなと。

神坂:なるほど。他にも書籍版とWEB版で大きく変えた部分ってあります? 例えばキャラクターの追加とか。

天酒:追加というよりは、キャラクターを含めた全体の整理になるでしょうか。無駄に出しすぎたなというものを1つにまとめたりはしています。僕は増やすよりも減らす方が多い……と思ったのですが、よく考えたら増やしたりもしてますね。後は出番の調整などでしょうか。ただ、WEB版で出番が少なかったキャラクターの出番を増やしたら、それで大変な目にあったなんて事もありました。

神坂:ああ、それはそうでしょうねえ。

──神坂先生は、WEB版を読まれた時に、小説を横書きで読む事に対してはどう思われましたか。

神坂:一切抵抗がなかったですね。私は小説を書く時に横書きですし。そもそも、小説を書き始めた時に使っていたのはワープロでして、これは横書きなんですね。それに慣れたまま、PCに移行してからもずっと横書きで書いてます。

天酒:僕も、システムエンジニア出身なので、もともと、文章というと仕様書などの横書きテキストに馴染みがあります。WEB小説を書いている時も、そういうドキュメント的な見方で入っているところがあって、小説としてのフォーマットは意識してなかったかもしれないです。そもそも、小説を書く機会がなかったんですよね。文章といえば学生時代はレポート、社会人になってからは仕様書という風になるので、その感覚が自分の中のデータベースであり、核にもなっていると思います。書いているうちに色々な小説を読み返して、それをフィードバックして修正したりといった事は行うようになりましたが、自分の中でちゃんとした小説の形というものを作り上げるまでは大変でした。

1 2 3 4 5 6 7次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会