ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「2011年 この映画はいったい誰が観に行くんだ!?大賞」ついに結果発表!

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
だれ映

昨年ガジェット通信でも取り上げた、映画ネタを中心に紹介するサイト「破壊屋」が贈る「2011年 この映画はいったい誰が観に行くんだ!?大賞」。9日、ついに結果が発表され、大方の予想通り大賞は『こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE ~勝どき橋を封鎖せよ!~』に決定しました。

「2011年 この映画はいったい誰が観に行くんだ!?大賞」略して“だれ映”は、「破壊屋」が2007年からはじめた年末の恒例行事。

その名の通り「この映画はいったい誰が観に行くんだ!?」と思わず疑問に思ってしまう、俗に言う“誰得”映画をユーザーからの投票方式で募り、ランキングを発表するという企画です。

テレビコマーシャルで、映画館の予告編で、バラエティ番組でのウンザリするほどの番宣で映画を知り、「これ誰が観にいくんだろう……?」と頭を抱えてしまった人も、1年に1回のこの企画で報われ、ユーザーから寄せられた辛らつなコメントを読めば、爆笑必至。

そんな“だれ映”2011の結果は、管理人ギッチョさんも予想していた通り『こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE ~勝どき橋を封鎖せよ!~』と『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』が、他の映画に堂々の差をつけ2トップに。

『こち亀』と同じく『映画 怪物くん』や『あしたのジョー』といった、名作コミックの実写化や、『DOCUMENTARY of AKB48 to be continued 10年後、少女たちは今の自分に何を思うのだろう?』、『K-POP DREAM CONCERT-New Generation ’10』などの一部のファンに向けた作品が票を多く集めました。

ジャニーズ事務所のタレントとAKB48のメンバーが主演・出演している作品が多いのも2011年の特徴であるといえるでしょう。

1位から10位までのランキングは以下。

第1位:こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE ~勝どき橋を封鎖せよ!~ (403票)
第2位:もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら (318票)
第3位:映画 怪物くん(206票)
第4位:DOCUMENTARY of AKB48 to be continued 10年後、少女たちは今の自分に何を思うのだろう?(111票)
第5位:はやぶさ/HAYABUSA(104票)
第6位:手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しく(78票)
第6位:あしたのジョー 78
第8位:K-POP DREAM CONCERT-New Generation ’10(75票)
第9位:アントキノイノチ(70票)
第10位:サラリーマンNEO 劇場版(笑)(68票)

また、“だれ映”2011大賞発表時の「破壊屋」のエントリーではガジェット通信の事についても触れていただきました。どうもありがとうございました。

2012年もどんな“だれ映”が公開されるのか、ある意味楽しみです。そして、このランキングを見ていると「どんなに酷いのか」と逆にその映画を観たくなってくるのは私だけでしょうか。

2011年 この映画はいったい誰が観に行くんだ!?大賞 – 破壊屋

※画像は「破壊屋」より引用。

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。