ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ブックカフェDexee Diner渋谷店に異変! アート過ぎる落書きに店長困惑

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

Dexee Diner(ディキシーダイナー)といえば、書棚やギャラリーがある、日本のブックカフェでは草分け的な存在だ。その第1号店となるDexee Diner渋谷店で、ある異変が起きたという。

「朝、店を開けに来て、とにかくびっくりしましたね」
店長の内村剛さんがそう話すのは10月29日。渋谷店前面の窓ガラスに、巨大な落書きが描かれていたのだ。
しかし、これがただの落書きなら、窓ガラスをきれいにして警察に被害届を出すところだが、そうするにはためらいを覚えた、と内村さんは言う。
「作品として完成している、と感じてしまったんです。素人の落書きだったら、この野郎、と思うところなんですが、ちょっと感動すらしてしまって……」

この落書きは、渋谷などで多く見かけるスプレーやフェルトペンなどを使ったグラフィティとは違い、鳥を想起させる白地の線に、カラフルな色模様で波動や花模様が描かれている。絵柄やタッチの違いなどから、おそらく複数人の手によるものと思われる。
「お客さんの中には、あの絵は何ですか、とお聞きになる方もいるのですが、落書きされました、とは言いづらくて……ちょっと困っています」
そう困惑した様子で内村さんは話し「もし可能なら、ペインターと話をしてみたいです」とも述べた。
「店舗としても、会社としても、今回の件で被害届を出すつもりはありません。ただ、なぜウチの店を狙ったのか、どういう目的があったのかを知りたいと考えています。そのうえで、我々もこの絵をどうするか決めたいです」
それまでこの“落書き=作品”はそのまま消さずにおくという。

とはいえ、犯人と連絡手段がない現状、内村さんの願いが届くことがあるのだろうか。
この記事を読んでいる方で、何らかの情報を知っているという方は、Dexee Diner渋谷店(03-5778-3236)まで一報してくれるよう、内村さんらスタッフは望んでいる。

名もなきアート集団の“作品”か、無法者の“犯行”なのか。
このちょっとした事件の展開にしばらく注目してみたい。

『Dexee Diner』
http://www.dexee-diner.com/

※この記事はガジェ通ウェブライターの「ふじいりょう」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?
乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営。ネット、メディア、カルチャー情報を中心に各媒体に記事を提供している。

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP