体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大河ドラマ『おんな城主 直虎』 ゆかりのスポットと見どころを紹介

大河ドラマ『おんな城主 直虎』 ゆかりのスポットと見どころを紹介

2016年NHK大河ドラマ『真田丸』の余韻も冷めやらぬうちに、2017年の『おんな城主 直虎』が間もなくスタート! 期待が高まるなかで、実のところ「井伊直虎(なおとら)」という名前にはなじみがないという人がほとんどではないだろうか? 「井伊直虎? 『安政の大獄』と『桜田門外の変』の『井伊直弼』の先祖?」くらいの認識しかなかった筆者だが、これを機に、急きょ、井伊氏ゆかりのスポットをバーチャルに探訪するとともに、このエリアの家賃も紹介。脚本を担当する森下佳子さんに「ドラマの見どころ」も聞いてきた。

直虎が生まれ育った「井伊谷」ってどんなところ?

まずはじめに謝っておきたい。井伊直弼→彦根城という短絡的な発想で、私は『おんな城主 直虎』の舞台を、彦根城のある滋賀県だと思っていた。……が、違ってました。井伊氏は、今の静岡県浜松市がもともとの本拠地。「井伊谷」というのがその地名で、読み方は「いいのや」なのだとか。井伊直虎はこの井伊谷で生まれ育ち、生涯、この地を出ることはなかったのだという。井伊家が彦根へと移るのは、直虎の次代当主、直政(なおまさ)の代のときだ。

井伊谷は、「浜松市北区引佐町井伊谷」という住所が現存するとおり、現在の地名にも残っている。浜松市中心部の北北西に位置していて、「谷」というよりは、むしろ、北側をぐるりと山に囲まれた「盆地」状なのだとか。盆地の南側には浜名湖が広がっていて、盆地を流れてきたいくつかの川が、そろって浜名湖に注ぎ込んでいるという位置関係だと言えば、分かりやすくなるだろうか。

この地に残る井伊家関連のスポットとしては、まず井伊氏初代の井伊共保(ともやす)の出生地とされる井戸が挙げられる。井伊谷の田んぼのど真ん中に突如として現れるこの井戸、明らかに歴史的に意味をもつ旧跡であることがそのたたずまいから伝わってくる。

次に挙げられるとすれば、井伊谷城址だろう。かつて井伊家の居城であった井伊谷城。その城の跡から見下ろす盆地の風景を、直虎はじめ井伊家の人々も眺めていたのだろうと思うと、実に感慨深い。

物語は、こうした緑豊かな土地を舞台に、幕を開けるようだ。【画像1】左:井伊谷の田んぼのど真ん中にある共保公の出生地。共保公は、この井戸から生まれたと伝えられている。右:井伊谷城跡であることを示す標(写真/PIXTA)

【画像1】左:井伊谷の田んぼのど真ん中にある共保公の出生地。共保公は、この井戸から生まれたと伝えられている。右:井伊谷城跡であることを示す標(写真/PIXTA)

井伊家とは切っても切れない関係の龍潭寺

井伊谷に残るスポットで、とりわけ井伊家とゆかりの深いものといえば、龍潭寺(りょうたんじ)だ。龍潭寺は、井伊家の菩提寺であり、井伊家の歴史が綴られた歴史書『井伊家伝記』も、龍潭寺第九代和尚が書き記した後、この寺に伝わっていると言われている。

直虎の大叔父にあたる人物で、井伊家の軍師的な存在であった南渓(なんけい)和尚も、実はこの寺の住職。直虎の良き相談相手として、物語の中でも重要な役割を果たしていく。

そして、直虎自身も、若いころ、この寺で出家して「次郎法師」となり、その後の人生を尼として生きることになったと言われている。そういった意味でも、この寺は、直虎の生涯と密接にかかわりあっていく最重要スポットといえそうだ。【画像2】左:天平5年(733年)に行基菩薩によって開創されたと伝わる龍潭寺/右:龍潭寺の池泉鑑賞式庭園(写真/PIXTA)

【画像2】左:天平5年(733年)に行基菩薩によって開創されたと伝わる龍潭寺/右:龍潭寺の池泉鑑賞式庭園(写真/PIXTA)

井伊家ゆかりの地に住むとしたら?

初代共保公が生まれた井戸や菩提寺である龍潭寺、井伊谷城址など、井伊家が代々この土地で紡ぎあげた歴史の痕跡が今も残る井伊谷。この地で、直虎が生きた気配を感じながら暮らすには、いくらぐらいかかるのだろうか。やや強引な展開かとは思いつつ、ここで「井伊谷周辺エリア」の家賃相場を紹介したい。

1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。