体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

楽ラク収納[下] 片付けで子どもも家族もくつろげる家に

楽ラク収納[下] 片付けで子どもも家族もくつろげる家に

「頑張りすぎない片付け術」を提案する片付けアドバイザーの小関祐加先生のご自宅を訪問し、上編では細々としたものが集まり毎日使うキッチン、中編では衣類等の整理に困る寝室などを例に収納の原則を紹介してきた。しかしいざ実行しようと思っても、「子どもがどんどん散らかす」「家族全員分の片付けにいつも追われている」などの悩みをもつママさんも多い。家族がくつろげる家になるよう、今回は子どものしつけや片付けに家族を巻き込んで、小綺麗な状態を長続きさせる工夫を考えてみよう。

まず大人が子どものお手本になり、片付いた状態を体感させる

「子どもが全然片付けられない」といって親子セミナーに来る方の多くは、実はご本人も片付けが苦手だという。子どもにしつけをしたいなら、まずは大人が子どものお手本となり、片付いた状態を見せることが大前提。片付いた状態を知らない子どもに、一方的に「片付けなさい」と言っても、できるはずがないのだ。

そのためにも、片付けルールは子どもでも理解できる分かりやすいものにする必要がある。分かりやすい分類やルールをつくり、片付いた状態を体感させ、さらに一緒に片付けをするなど行動見本を示して、そのうえで「自分でやってみる」ことを促そう。

例えば文房具。ボールペン、はさみ、のり、などが別々にラベル付きの分類引き出しに入っていると、使うときはいくつも引き出しを開けて必要な文具を出すが、使い終わった後にまた引き出しをいくつも開けて戻すのは大人でも面倒になり出しっ放しに。戻したとしてもラベル通りにではない可能性大。そこで文房具は、はさみ、のりなど1つずつにして、まとめて分かりやすい場所に。これなら大人も子どもも収納場所が一目瞭然、探しやすく、また戻しやすい。【画像1】左:無駄なものがなくスッキリした家族のフリースペース。左手に収納棚、窓際のテーブルは食卓にもワークスペースにもなる。右:テーブルの引き出しには家族がよく使うボールペン、はさみ、のり、ホッチキス、消しゴム、など厳選された文房具一式がまとめられている。ストックの文房具は、ボールペン、スティックのりなどそれぞれまとめて輪ゴムでしっかりまとめて別の引き出しに入れ、なくなったらストックから補充(写真撮影/飯田照明)

【画像1】左:無駄なものがなくスッキリした家族のフリースペース。左手に収納棚、窓際のテーブルは食卓にもワークスペースにもなる。右:テーブルの引き出しには家族がよく使うボールペン、はさみ、のり、ホッチキス、消しゴム、など厳選された文房具一式がまとめられている。ストックの文房具は、ボールペン、スティックのりなどそれぞれまとめて輪ゴムでしっかりまとめて別の引き出しに入れ、なくなったらストックから補充(写真撮影/飯田照明)

ワンアクションにこだわってストレスなく出し入れできる工夫を

1 2 3 4次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会