ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

楽ラク収納[下] 片付けで子どもも家族もくつろげる家に

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
楽ラク収納[下] 片付けで子どもも家族もくつろげる家に

「頑張りすぎない片付け術」を提案する片付けアドバイザーの小関祐加先生のご自宅を訪問し、上編では細々としたものが集まり毎日使うキッチン、中編では衣類等の整理に困る寝室などを例に収納の原則を紹介してきた。しかしいざ実行しようと思っても、「子どもがどんどん散らかす」「家族全員分の片付けにいつも追われている」などの悩みをもつママさんも多い。家族がくつろげる家になるよう、今回は子どものしつけや片付けに家族を巻き込んで、小綺麗な状態を長続きさせる工夫を考えてみよう。

まず大人が子どものお手本になり、片付いた状態を体感させる

「子どもが全然片付けられない」といって親子セミナーに来る方の多くは、実はご本人も片付けが苦手だという。子どもにしつけをしたいなら、まずは大人が子どものお手本となり、片付いた状態を見せることが大前提。片付いた状態を知らない子どもに、一方的に「片付けなさい」と言っても、できるはずがないのだ。

そのためにも、片付けルールは子どもでも理解できる分かりやすいものにする必要がある。分かりやすい分類やルールをつくり、片付いた状態を体感させ、さらに一緒に片付けをするなど行動見本を示して、そのうえで「自分でやってみる」ことを促そう。

例えば文房具。ボールペン、はさみ、のり、などが別々にラベル付きの分類引き出しに入っていると、使うときはいくつも引き出しを開けて必要な文具を出すが、使い終わった後にまた引き出しをいくつも開けて戻すのは大人でも面倒になり出しっ放しに。戻したとしてもラベル通りにではない可能性大。そこで文房具は、はさみ、のりなど1つずつにして、まとめて分かりやすい場所に。これなら大人も子どもも収納場所が一目瞭然、探しやすく、また戻しやすい。【画像1】左:無駄なものがなくスッキリした家族のフリースペース。左手に収納棚、窓際のテーブルは食卓にもワークスペースにもなる。右:テーブルの引き出しには家族がよく使うボールペン、はさみ、のり、ホッチキス、消しゴム、など厳選された文房具一式がまとめられている。ストックの文房具は、ボールペン、スティックのりなどそれぞれまとめて輪ゴムでしっかりまとめて別の引き出しに入れ、なくなったらストックから補充(写真撮影/飯田照明)

【画像1】左:無駄なものがなくスッキリした家族のフリースペース。左手に収納棚、窓際のテーブルは食卓にもワークスペースにもなる。右:テーブルの引き出しには家族がよく使うボールペン、はさみ、のり、ホッチキス、消しゴム、など厳選された文房具一式がまとめられている。ストックの文房具は、ボールペン、スティックのりなどそれぞれまとめて輪ゴムでしっかりまとめて別の引き出しに入れ、なくなったらストックから補充(写真撮影/飯田照明)

ワンアクションにこだわってストレスなく出し入れできる工夫を

収納の基本は「見やすい」、そして「出し入れしやすい」こと。出し入れは「ぽん!」とワンアクションですむように工夫すると、子どもにもできるし、負担感なく長続きする。

リビングダイニングに散乱しがちな各種の紙類は、積み重ねると下のものが見えなくなるし、取り出そうとすると雪崩がおきる。紙類はA4のクリアファイルに「学校関連プリント」「請求書や領収書」「手紙類」など大雑把に分類して、ファイルスタンドに立てて収納。自分のファイルスタンドの中のクリアファイルにポンポン放り込むだけですむので、しまいやすく探しやすい。【画像2】左:収納コーナーには本や書類は全て立てて置き、机の上に出しっ放しにしない。右:A4のファイルボックスを家族それぞれごとに、その中のクリアファイルをさらに大きく分類。例えば学校からの連絡事項のプリントはこのファイルに入れる、と決めておけば、お子さんが入れるのもママが後から探すのもラク(写真撮影/飯田照明) 【画像2】左:収納コーナーには本や書類は全て立てて置き、机の上に出しっ放しにしない。右:A4のファイルボックスを家族それぞれごとに、その中のクリアファイルをさらに大きく分類。例えば学校からの連絡事項のプリントはこのファイルに入れる、と決めておけば、お子さんが入れるのもママが後から探すのもラク(写真撮影/飯田照明)【画像3】左:普段はクリアファイルにワンアクションで出し入れできる方向に置く。右:来客時などは収納扉の中のファイルボックスの向きを反対にして背が見えるようにすると、細々したものが目に入らずスッキリ片付いて見える(写真撮影/飯田照明)

【画像3】左:普段はクリアファイルにワンアクションで出し入れできる方向に置く。右:来客時などは収納扉の中のファイルボックスの向きを反対にして背が見えるようにすると、細々したものが目に入らずスッキリ片付いて見える(写真撮影/飯田照明)

家族全員が使うものは、最初にひと手間かけて、大人も子どももすぐ使える状態に。例えば食品庫のお菓子は、買ったらすぐ包装袋から出して小袋の状態にしてお菓子カゴに。こうすれば、誰でも食べたいお菓子をすぐ選べるし、散らかることもなく、在庫も管理しやすい。

パッケージに入った食品など、すぐ取り出しやすいようにしまう時点であらかじめひと手間かけておく。紙パッケージに入ったカップスープや調味料はふたを破っておく、大袋に入ったものは中身を出しておいたり、手が入るよう口を開けておいたり。扉を開けてワンアクションで出し入れできればストレスにならない。【画像4】左:キッチンの食品棚の扉を開けると、お菓子系、飲料系、調味料系などに分類されたカゴが並ぶ。何が入っているか一目で分かるのがポイント。お菓子系のカゴには小袋の状態になった数種類のお菓子がまとめて入っている。右:紙パッケージに入っているものは、パッケージ上部を破り取っておくと、使うとき片手ですぐ取り出せるのでラクだ(写真撮影/飯田照明)

【画像4】左:キッチンの食品棚の扉を開けると、お菓子系、飲料系、調味料系などに分類されたカゴが並ぶ。何が入っているか一目で分かるのがポイント。お菓子系のカゴには小袋の状態になった数種類のお菓子がまとめて入っている。右:紙パッケージに入っているものは、パッケージ上部を破り取っておくと、使うとき片手ですぐ取り出せるのでラクだ(写真撮影/飯田照明)

「自分の城」や使いやすいゴミ箱選びで自立心を伸ばす

子どもが自分で片付ける習慣をつけるためには、自発性を促す仕掛けも大切だ。おもちゃ用の引き出し、自分の衣類の引き出し、自分のコーナーや部屋など、一度子ども専用と決めた場所には、決して大人のものを紛れ込ませないよう注意しよう。子どもが自分の城と認識することで、責任をもって管理する意識が芽生え、自立心が育つ。

子どもにとって「子ども用」のものが使いやすいとは限らないので要注意。例えばバッグの収納に子ども用ハンガーポールを使うと、バランスが悪くて倒れたり、下のものが取り出しにくくなる。バッグを掛ける場合は壁に取り付けた固定式で揺れないフック、置く場合は棚などに立てるようにすれば、しまいやすく中身も取り出しやすく、子どものストレスにならない。

ゴミ箱も子ども用の小さなかわいい物はNG。小さいゴミ箱は大きなゴミが入らないこともあるし、プラスティックなど軽い素材のゴミ箱はすぐ倒れてゴミが散らかる、ということにも。子ども用でも、ゴミ箱は遠くから投げても入るくらいの大きさと触れても倒れない重量感があったほうが捨てる際のストレスがない。

同じように家族全員が使うゴミ箱も、ゴミを捨てやすいものを選び、思いついたときにすぐ捨てられる場所に置こう。これでそれぞれゴミが出た時点でストレスなく捨てることができ、後から片付ける手間が省くことができる。【画像5】左:キッチンの一角にまとめられたゴミコーナー。地域のゴミ出しルールの分別に対応した分類になっていて、そのまま収集日に捨てることができる。右上:ゴミ袋用に、とスーパーのレジ袋を大量に溜めているお宅も多いが、適正量はカゴ一つ分。これ以上のストックは持たないよう徹底。右下:リビングに置かれた重厚感のある木製のゴミ箱。この倒れない重さとゴミをキャッチしやすい広がった口径がポイントなのだとか(写真撮影/飯田照明)

【画像5】左:キッチンの一角にまとめられたゴミコーナー。地域のゴミ出しルールの分別に対応した分類になっていて、そのまま収集日に捨てることができる。右上:ゴミ袋用に、とスーパーのレジ袋を大量に溜めているお宅も多いが、適正量はカゴ一つ分。これ以上のストックは持たないよう徹底。右下:リビングに置かれた重厚感のある木製のゴミ箱。この倒れない重さとゴミをキャッチしやすい広がった口径がポイントなのだとか(写真撮影/飯田照明)

一人で頑張らず、指揮官として作戦を立てて子どもや家族を巻き込む

片付けの基本が分かったら、あとは実行。一人で抱え込んでキリキリせず、子どもや家族をどんどん巻き込んで一緒に片付けできる環境をつくれば、小綺麗が長続きする。「自分の城」を片付けるように子どもの自主性を促す、ゴミを捨てやすいようあらかじめひと工夫する、子どもと一緒のリセットタイムでお片付けをするなど、巻き込む工夫を自ら考えて動くことで、「家族に振り回されている」という受け身の意識は消える。

実際片付け作業に伺ったお宅で、家が綺麗になっていくのとともにお子さんの眼が輝いたり、家族の会話が増えたりするのを何度も見てきたからこそ「お子さんが小さいうちに、家族全員がくつろげる環境を整えてあげてほしいです」と小関さん。

子どものものは成長とともに増える一方。ぜひ少しでも早く、家族全員で毎日ちょっとのお片付けを習慣にして、くつろげる家にしてほしい。小関祐加さん●取材協力

小関祐加さん

片付けアドバイザー/インテリアコーディネーター。慶應義塾大学で心理学を学び、専業主婦として2女を育てた実体験に基づき、子どもが小さいうちから片付けやすく家族がくつろげる環境を整えてほしいと、2007年よりかたづけmom(マム)を主宰。保護者向けの講演、親子セミナーはじめ片付けサービスを行っている。ツイッターでは今すぐできる最新情報も

(写真撮影/飯田照明)●参考

・かたづけmom(マム)
元画像url http://suumo.jp/journal/wp/wp-content/uploads/2016/12/122893_main.jpg
住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

関連記事リンク(外部サイト)

楽ラク収納[上] 片付けは完璧でなく小綺麗キープを目標に
楽ラク収納[中] 日々の片付けは適当、たまにきちんとでOK
『1週間で8割捨てる技術』で、あなたも捨てられるようになる!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。