ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

動画100万再生瞬速達成で「温泉遊園地がほんとに実現?」別府市長がコメント発表―「別府市・湯~園地計画」

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

先日、温泉につかりながら楽しめるアミューズメント施設「湯~園地」建設計画を発表するとともに面白動画「別府市・湯~園地計画」を公開した別府市。

ガジェット通信でも別府市に関してはがっつりレポートさせていただいています。

【土日で満喫】“九州ふっこう割”は12月末まで! はじめての大分・別府へレッツゴー
http://getnews.jp/archives/1560087

さてこの動画、100万再生に達したら動画の内容を実際にやります、と「公約」したところなんとわずか4日間で100万再生突破したそうです。


動画URL https://youtu.be/UbMmhQYoAsM

それにしてもこんな遊園地、ほんとに実現するのでしょうか…。

別府市長コメント

この度は別府市のプロモーション動画「spamusement park project 湯〜園地計画」をご覧いただき誠にありがとうございます。
動画サイト「YouTube」へのアップロードから僅か4日間で目標とした100万回再生を達成するというスピード感の速さ、反響の大きさに驚いており、やってしまった感でいっぱいです。

さてこの動画は、本年の11月に初めて取り組みました事業「別府ONSENアカデミア」の一環として制作したものです。この「別府ONSENアカデミア」は温泉の源泉数、湧出量ともに日本一を誇る当市において、様々な温泉の魅力を検証し、新たなる温泉の独創性、可能性を世界に向けて発信することを目的として取り組みました。
この動画では、子どもから大人までが楽しめる場所の象徴として遊園地を用いることで、ワクワク・ドキドキする観光地・別府を表現し、「湯〜園地」なる奇想天外な設定を用いています。世界屈指の温泉観光地として「まち全体が温泉のテーマパークである」ことをアピールするとともに、別府市に住む人々、特に若者たちが「別府はおもしろい」と感じ、自慢し、誇れるふるさとを実感してもらえる契機になればと考えております。

多くの方々から頂戴した思いを受け止め、独創的な温泉の活用可能性の実現化、具体化を図るべく、今後タスクフォースや専門チームを編成し、「湯〜園地」計画実現に向けて、別府市一同、尽力していきたいと考えております。

皆様、本当にありがとうございました。

今後の展開
100万再生達成を受けて、別府市では計画詳細の策定を進める運びとなりました。実施計画の詳細等協議の上、改めて発表させて頂く予定ですので、いましばらくお待ちいただけますと幸いです。

――今後のことについては発表内容を準備中のようです。まさかこんなに早く達成するとは予想していなかったのかもしれませんね。

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信』

カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる ▶
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。