体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ガジェ通 鍋ウィーク】日本一衝撃的な鍋料理? 山口県のご当地鍋「みかん鍋」を作ってみた!

01_dsc_1328

ガジェット通信編集部で精力的においしい鍋料理を推し進めていくという「ガジェ通 鍋ウィーク」もいよいよ大詰め。
最後は日本で最も衝撃的な鍋料理とも言われている山口県のご当地鍋「みかん鍋」を作ってみることにしました!

みかんが大量に余っている人におすすめ?

02_dsc_1256

僕、ノジーマの家にはみかんの木が1本生えているのですが、今年は大量にみかんが収穫できまして、その数なんと170個超! とても1人暮らしでは食べ切れません。
友達に配ったりしてなんとか消費していますが、それでもなかなかなくならないので、どうにか有効利用をしなければ……と思いついたのがみかん鍋づくりでした。

03_dsc_1259

今まで実際に食べてみたことはありませんが、いったいどんな味がするのでしょうか。もしおいしく作ることができれば、僕と同様に自宅でみかんを収穫しすぎてしまった人や、みかんを段ボールで買ったものの悪くなってしまいそうという人におすすめできるかもしれません!

ネットで調べたレシピを参考に、実際に作ってみることにしましょう!

ベースはオーソドックスな「寄せ鍋」

04_dsc_1261

みかん鍋とは言っても、スープにみかんジュースを使ったりするわけではありません。ベースとなるのはオーソドックスな寄せ鍋。今回は寄せ鍋を作る部分は簡略化してしまいますので、市販のスープや切れている野菜セットを使用します。

まずは「みかんつみれ」を作る!

05_dsc_1271

まずはみかん鍋で最も重要な具「みかんつみれ」を作ります。こちらは白身魚のすり身にみじん切りにしたみかんの皮を混ぜるという衝撃的なものなのです。

06_dsc_1280

白身魚のすり身とみかんの皮を混ぜ合わせ、つなぎとして小麦粉と卵を入れ、さらに味噌を少々混ぜて下味をつけました。小麦粉と卵の量は白身魚の量によって増減する必要があるので、程よい固さになるまで混ぜながら確認をするといいかと思います!

07_dsc_1287

ここまで仕上がったら、早速煮立った鍋の中にみかんつみれを投入してダシを取ります。いったいどんな味になるのかドキドキしますね!

みかんをトースターで焼く!

08_dsc_1282

続いて、みかん鍋に投入するみかんをあらかじめオーブントースターで焼いておきます。みかんをトースターで焼く機会なんてそうそうありませんよね。なんだか悪いことをしている気分になりますが、とにかく焼いちゃいます。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。