体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ガジェ通秋葉原制覇】アキバで食べる最後の”旨い飯”を考えてみた…… @『勝漫』 

katuman025_r

秋葉原に編集部のあるガジェット通信は、これまで多くの“アキバグルメ”“ガジェ通秋葉原制覇”で紹介して参りました。

しかし!

まだ、あの店が出てないと思いませんか? というわけで、筆者(YELLOW)が最後に選んだのは『勝漫』で御座います。

『丸五』 VS 『勝漫』 VS 『やまいち』

katuman002_r

秋葉原でナンバーワンの豚カツ屋さんと言えば、ほぼほぼ『丸五』でファイナルアンサーではないでしょうか?

しかし!

ちょいと足を伸ばすと『勝漫』や『やまいち』と言う選択肢も出てくるので、どちらが上かとなると決められない可能性……あると思います。

『勝漫』の『大かつ丼』が食べたい!

katuman001_r

一応、秋葉原のカツ丼を極めておこうかな~みたいな野望もあったのですが、せっかく平日の昼間に来たので『サービスランチ』(ロースカツと小鉢で1300円)もリーズナブルで素敵な予感で御座います。

katuman000_r

ちなみに『勝漫』で働いていた人が『やまいち』を始めたので、どちらが上かとなると微妙に『勝漫』有利な可能性は否めません。

katuman021_r

季節で言えば『牡蛎フライ定食1700円』も最高ですが、初見ですので豚カツから試すのが礼儀でしょうか?

katuman004_r

『勝漫』の豚カツに対する熱い想いはメニューの裏に色々と書いてあるのですが、それを全部書くと誌面が足りないので実際に店に訪れた時に確認してみて下さい。

『勝漫』の『サービスランチ』を食す!

katuman024_r

というわけで、『大かつ丼』キャンセル『サービスランチ』です。異議は認めません。

katuman026_r

ぶっちゃけ『丸五』『勝漫』『やまいち』レベルの豚カツになりますと、リーズナブルとは言い難いランチになりますが、この『サービスランチ』(1300円)は内容を考えたら納得価格だと思います。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy