ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MetaMoJi、片手でペン先の出し入れが可能な新型タッチペン「Su-Pen P201S-GDS」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

MetaMoJi は 11 月 17 日、同社オリジナルのスマートフォン用タッチペンブランド「Su-Pen」の新モデルとなる「Su-Pen P201S-GDS」を 11 月 25 日に発売すると発表しました。価格は 3,600 円 + 税となっています。P201S-GDS は、片手でペン先の出し入れを可能にした「グラビティドロップ」機構を採用した長さ 11.2cm / 太さ 9.5mm のボールペン型タッチペンです。ボディにはパールクロームメッキを施した真鍮を採用しており、高級感を出しつつ耐久性に優れています。また、質量は 34g と比較的重たいのですが、これは重量感が欲しいというユーザーの要望により、敢えて重くしているとのことです。ペン先には特殊な導電性繊維と 4 重構造を採用しており、既存モデルと同様に交換することができます。P201S-GDS はタッチペンなので、ノートやイラストを手描きする用途には適していません。Source : MetaMoJiPRTIMES(プレスリリース)

■関連記事
Huawei Mate 9 ProのグローバルモデルはFOMAプラスエリア対応
Android版「Acrobat Reader」に紙の文書をPDF化できるカメラスキャン機能が追加
スマモバ、SIMロックフリーのAndroidフィーチャーフォン「AQUOS SH-N01」を11月末に発売へ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。