体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大ヒットした加熱式タバコ「iQOS」対抗馬のJT『Ploom TECH(プルームテック)』。喫煙者による実感をがっつり検証、女子スモーカーにもおすすめ!?

cr6_9208

タバコ葉を燃やさない、煙が出ないから副流煙もないということで目下大ブームを呼んでいる「iQOS(アイコス)」。その陰に隠れているが、JTにもまた『Ploom TECH(プルームテック)』という火を使わないタバコ製品が存在するのをご存知だろうか。

有害物質と副流煙、匂いの軽減で爆発的ブームを呼んでいる燃やさないタバコ。その現状はいかに。

今年4月に放映されたテレビ朝日系「アメトーーク!」をきっかけに、情報誌「日経トレンディ」が先日発表した「2016年ヒット商品ベスト30」で3位となったのが加熱式タバコ「iQOS」。葉を燃やさずに専用加熱ブレードで蒸気を発生させて吸い込むという新しいタバコの方式で、燃やさないが故にタールなどの有害物質を大幅に軽減、また有害副流煙も生じないということから、近年の嫌煙風潮と相まって大ヒットとなった。
あわせて読みたい:『iQOS(アイコス)』実際に使用してみてわかった喫煙者と非喫煙者が幸せに共存するための妥協点!

 

cr7_3346

もちろんこうした通常の紙巻きたばこからの移行風潮は世界的に見ても顕著。欧米ではニコチンリキッドを使用した電子タバコが「VAPE(ベイプ)」の名称で大流行している。これはグリセリンを主成分としたリキッドにニコチンを添加し、蒸気化して吸入するもの。日本でもニコチンの入っていないものは販売されており、クラブなどで若者中心に大流行しており、「VAPE STUDIO」などの専門店も大都市圏に存在するほど。

 

加熱した蒸気を粉末状のタバコ葉を通して使用する”たばこベイパー”という独自の方式を採用した『Ploom TECH(プルームテック)』

cr7_3322
普通に考えれば、その日本でもニコチン入りの電子タバコを輸入すれば良いようなものだが、日本には医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(旧薬事法)が存在し、ニコチンをリキッドの形で販売することは不可能。そこで葉を加熱してグリセリンなどで蒸気を発生させる『iQOS(アイコス)』のような製品が生まれたのだ。

cr7_3277
今回検証するJT(日本たばこ産業株式会社)『Ploom TECH(プルームテック)』(スターターキット・希望小売価格 税抜4,000円・2016年11月現在予約停止中)にしても、同様の縛りがある。ただ『Ploom TECH(プルームテック)』はグリセリンなどで蒸気を発生させるのは同じだが、それを先端に取り付ける粉末状のタバコ葉に通して吸引する仕組み。

cr7_3372

たばこカプセルの中身はこのようにタバコ葉の粉が入っている。

1 2 3 4 5次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。