体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ガジェ通秋葉原制覇】秋葉原にある塩ラーメン専門店とかどうでしょう? @『しおらーめん 塩たいぜん』

siotaizen018_r

秋葉原の食を極めるガジェット通信の“秋葉原制覇”ですが、方向性は特に定まっておらず、ほぼほぼ筆者(YELLOW)の気分で進行しています。

そして!

ここ最近のマイブームである“塩ラーメン”がちょいちょい多いのは、ある意味当然の結果ではないでしょうか?

『しおらーめん 塩たいぜん』

siotaizen003_r

塩ラーメンを出しているラーメン屋さんは少なくありませんが、塩ラーメンのみで醤油や味噌がない硬派な店は、まずありません。

siotaizen005_r

というわけで、この『しおらーめん 塩たいぜん』(以下、塩たいぜん)の塩ラーメンに対するパッションは半端ないであろうと思われ、塩ラーメンが好きな筆者的にはちょいちょい気になるラーメン屋さんだったりします。

siotaizen006_r

果たして、どんな塩ラーメンに巡り会えるのでしょうか?

『海老塩ワンタン麺』を食す!

siotaizen020_r

整いました。

『塩たいぜん』に塩ラーメンは数あれど、筆者が食べるべきラーメンは『海老塩ワンタン麺』(880円)一択で御座います。

siotaizen019_r

塩ラーメンに最も適したトッピングはワンタンであり、ワンタンの中でも最上位機種の“海老ワンタン”を搭載した『海老塩ワンタン麺』を食べずに、どうするのって事ではないでしょうか?

あっさりしたスープは塩ラーメンの王道か?

siotaizen002_r

鶏ベースのスープはあっさり味で、ここ最近の流行りである“鶏白湯”のような強さはありませんが、まあ塩ラーメン的には王道かと思います。

siotaizen007_r

特にコレと言ってアピールするポイントは見当たりませんが、卓上調味料が豊富なので、自分の好みにアレンジして愉しむ事は出来そうです。

麺は細麺『麻生製麺』の麺箱あり!

siotaizen000_r
1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会