ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android 7.1では端末管理者アプリの設定を無視してアプリを強制的にアンインストールすることが可能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android 7.1 Nougat では、「端末管理者アプリ」に設定されたアプリでも、その設定を無視して強制的にアンインストールすることが可能になりました。一部のアプリは機能を提供するために管理者としてのアクセス権限が必要となっており、許可した後にアンインストールするにはアクセス権限を無効にする必要があります。Android 7.0 までアプリをアインインストールする際には、まずは管理者権限を無効にしなければなりませんが、Android 7.1 では強制的に削除するオプションが追加されており、いちいち設定を無効にすることなくアンインストールことができます。また、こういったアプリでは、アプリ詳細ページの「アンインストール」ボタンは非アクティブでしたが、Android 7.1 ではアクティブ化しています。

■関連記事
Android 7.1が早くもGalaxy Nexusに移植される(AOSP ROM)
LGは次期フラッグシップ「G6」でモジュラーデザインを不採用
Android Payがブートローダーアンロックした端末で使用不可に

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP