体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【レビュー】ネットワーク対応HDD『TeraStation』を使ってみる

バッファローから発売中のネットワーク対応ハードディスク(NAS)を使ってみました。今回のレビュー機種はNASブランドとしても有名な『TeraStation』シリーズの『TS-WX1.0TL/1D』です。

NASとは「ネットでつながるハードディスク(HDD)」のこと。といっても通常の増設用HDDとは異なり、専用のCPUが載っているのも特徴。そのため、データの保存や設定がしやすくなっているのです。ですから、NASについて誤解を恐れぬ言い方をすれば、「データ保存や共有に特化した小さなパソコン」という感じでしょうか。1台設置しておけば、データのやりとりが簡単になるうえに、データのバックアップなども非常に楽になるのです。

たとえば、次のような場合にはNASが有効かもしれません。

「数年分撮り溜めた動画を外付けHDDに保存していましたが、3台目の外付けHDDもいっぱいになってきた。1台にまとめたいんだよねえ。」
「超高画素で撮影した子供の写真をノートパソコンに保存していたけれども、そろそろ容量が限界。あと、自分用のノートパソコンだけでなく、家族用のパソコンからも写真を見られるようにしたい。良い方法がないかなあ。」
「OSのインストールのときに、毎回、大事なデータをなくしそうになる。そのたびにバックアップするのが面倒なので、パソコンの外にまとめて置いておきたい。」
「外付けHDDに保存しているけど、もし壊れたら10年分の極秘データが飛んでしまう。それは非常に困る。データの自動バックアップ機能とか欲しいなあ。」

以上、用例としてはほんの一部ですが、データの保存・共有についての悩みにNASはうってつけです。かつては高嶺の花であったNASですが、高機能、大容量、低価格化が進み、個人向けにも普及し始めています。今回紹介する『TeraStation』もそうした流れを受けて登場した製品と言えそうです。

『TeraStation WX1.0TL/1D』の箱を開けてみます。内容物は本体、電源ケーブル、鍵、マニュアル、アプリケーションCD、と割とシンプルです。


背面を見てみるとUPS制御ポート、USB端子、LAN端子、パワーモードの制御スイッチなどが備わっています。UPS(無停電電源装置)に対応しているのは企業ユーザーに重宝しそうです。


また、電源コード部分には、抜け止めが付いている心配りもありがたいです。

1 2 3次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会