体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

謎のタマゴおもちゃ『うまれて!ウーモ』の正体が判明! 10月7日に発売

謎のタマゴおもちゃ『うまれて!ウーモ』の正体が判明! 10月7日に発売

タカラトミーが9月に開催された『クリスマスおもちゃ見本市2016』にプレビュー出展し、詳細は謎のままだったタマゴ型のおもちゃ『うまれて!ウーモ』。発売前日の10月6日に発表会が開催され、ついにその謎が明らかになりました。

参考記事:
【クリスマスおもちゃ見本市2016】何が産まれるんです? 謎のタマゴおもちゃ『うまれて!ウーモ』
http://getnews.jp/archives/1518395[リンク]

9月の時点で分かっていた情報は、

・タマゴは4種類ある
・タマゴは光るらしい
・タマゴは風邪をひくことがあるらしい
・中から何かが生まれるらしい

といった程度。その後ティザー動画も公開され、中から鳴き声がしたり心臓の音がするほか、コツコツ叩いたりひっくり返すとリアクションするらしいということが分かりました。

タマゴからどんな子が生まれてくるんだろう? うまれて!ウーモ告知PV(YouTube)
https://youtu.be/DCrWyJ7Zae4

woomo2

発表会ではタカラトミー代表取締役社長のH.G.メイ氏が登壇。このように一部の情報しか公開されていないのは一般の消費者だけでなく、流通事業者に対しても同様だったことが明かされました。さらに、同製品の詳細が発表されるのは世界同時で、日本は時差の関係で最初の発表になるのだとか。「クリスマスシーズンに向けて注目している。消費者も注目してくれるのではないか」と期待を語ります。

woomo3 woomo4

ゲストとしてタレントの鈴木梨央ちゃんが登場し、メイ氏から「いち早くクリスマスプレゼント」と『うまれて!ウーモ』のタマゴが手渡されました。「飼い主世界第一号として孵(ふ)化させてみてください」とメイ氏。

woomo5

手に持ってみると中から光ったり、ノックするとノックを返してくれたり、振ってみると笑うなどリアクションするタマゴウーモ。このようにタマゴの段階でコミュニケーションがとれて、中から何が出てくるのか分からないワクワク感が感じられるのが特徴です。

woomo6

タマゴウーモを温めるようになでていると、中からクチバシでつつく動きが始まります。これが孵(ふ)化の始まり。なでるのをやめると孵(ふ)化も止まってしまうので、なで続けることで次第にタマゴの殻が破られていきます。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。