ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

発売から1か月『iPhone 4S』の通信会社選び満足度調査 「通信はau」「安さはSBM」

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
『iPhone 4S通信会社選択に関する満足度調査』

auの『iPhone 4S』利用者の満足度が優位――イードが『iPhone 4S』発売1か月後に実施した『iPhone 4S通信会社選択に関する満足度調査』の結果が発表されました。調査対象は、ソフトバンクモバイル(SBM)、auの『iPhone 4S』購入者各450名、合計900名。調査期間は11月8日~11日。

同調査によると、『iPhone 4S』購入者の通信会社選択について「満足しているか?」を聞いたところ、ともに約半数が「満足」していると回答。au購入者は53%、SBMは49%が「満足している」と回答し、auが4ポイント上回りました。

『iPhone 4S通信会社選択に関する満足度調査』

満足度の高い項目については、au購入者は「通信エリアの広さ、圏外の少なさ(61%)』『インターネットのつながりやすさ(60%)』『インターネットの速さ(53%)』を挙げました。SBM購入者は『端末価格の安さ(41%)』『月々の料金の安さ(40%)』を支持。満足度のポイントが異なる結果になっています。また、MNPで通信会社を乗り換えた人を含む新規契約による購入者の割合は、auでは36%、SBMは13%。auはドコモからの乗り換えが14%、SBMからの乗り換えが10%、SBMはドコモから5.7%、auから2.3%で、ほぼ機種変更による購入です。

『iPhone 4S通信会社選択に関する満足度調査』

通信会社を変更した人のうち、SBMからauに乗り換えた人は「通信エリアの広さ・圏外の少なさ(82%)」「インターネットのつながりやすさ(72%)」が改善を実感していると回答。今後、『iPhone 4S』の購入を検討する人にとっては、「価格の満足」「通信の満足」のいずれを選ぶかが大きなポイントになりそうです。
 

 

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。