体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【セブに分割留学!】1学期-4 オンラインレッスンの裏側を探る!プロが見た国籍別特徴も公開

2016-09-12-21-56-57_r

語学留学といえば聞こえはいいが敷居は高い。
そこで、記者が3週間の滞在を、3回繰り返すいわば『分割留学』をしながら、時系列で語学留学の実際をレポートする『セブに分割留学!』。
第4回はQQEnglish ITパーク校で行われているオンラインレッスンの様子をお届けする。

ITパーク校の9階がオンラインレッスンを行うフロア。
この階はノウハウが詰まった企業秘密が多いので一般の留学生は立ち入りが厳しく制限されている。
今回は特に許可を得てオンラインレッスンの裏側をのぞいてみた。
また、先生たちを教育する立場にあるトレーナーにインタビューし、各国の生徒の特徴を本音で語ってもらった興味深い内容も盛り込んでいる。

2016-09-12-21-59-22_r

ブースは260もあり、どうしても日本人の受講が多いので当地の時刻で20時から23時がピークだという。
しかし、日本に限らず台湾、中国、ブラジル、イラン、ロシア、韓国からの受講生もいるので基本的に24時間対応だ。
よって先生も交代勤務となる。1日当たりの延べレッスン数は4000にも上るという。

2016-09-12-22-00-31_r

また、最近では日本の学校単位でのオンラインレッスンもあるために専門のチームを編成して対応している。そちらの方は別の機会に取材することにする。

2016-09-12-22-01-57_r

写真のJuline先生は数多くある先生のグループをまとめるリーダーという存在。
QQEnglishでは日本の会社組織の特長を多く取り入れている。
記者が最も関心を持ったのが、先生は全員が正社員でおおむね日本の終身雇用制を採用しているということだ。
だから、日本の会社の部課長制度のように彼女のようなリーダー的存在の先生には責任と権限を与えてグループを任せているようだ。
また、先生には全員、外国人に英語を教える資格を取得させているので、マニュアルだけで済ませることはない。

2016-09-12-22-05-15_r

オンラインレッスンはどのようなレッスンにも基本的に対応しているが、やはり人気なのはカランメソッドだという。
記者も受けている過酷な英語即答訓練だ。
英国製のこのメソッドは例外や応用が認められていないので、全員がステージ1から受講する必要がある。
しかし、QQEnglishでは生徒の受講記録を管理しているので、当校内であればオンラインでもオフライン(実際の留学)でも相互に記録を引き継ぐことができる。
よって、まずはオンラインでカランを少しやってから留学し、その続きのステージからスタートするという生徒は多い。
もちろん、帰国後も記録を引き継いでオンライン学習をすることも可能だ。

2016-09-12-22-06-54_r

先生の評価はオンライン上で受講生が行い、人気のある先生は予約が取りにくい状況にある。
オンライン専門の専門もいれば、オフラインで教えている先生もいるので、先生もスキルを上げようと努力する。

2016-09-12-22-32-18_r

では、実際のオンラインレッスン中の先生を動画で収録したものをダイジェストでご覧いただく。
動画は2本を編集しているが、最初はカランのステージ1、次の動画はステージ8のレッスンの様子を収録した。
ステージ8はものすごいスピードで解説や質問がなされるので、見ていただくと参考になるだろう。
決して先生が一人でしゃべっているのではなく、先生は質問だけではなく答えも猛スピードでしゃべる。受講生はそれについていくことになる。
写真は収録時にステージ8を担当していたAezel先生。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。