体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スチャダラパーBoseがネオクラシックな1BOXでのキャンプを推奨!

▲クラシックな1BOXでアウトドアを楽しむオシャレキャンパーはキャンプ場で目立ちます。Boseさんオススメのスタイル!

▲クラシックな1BOXでアウトドアを楽しむオシャレキャンパーはキャンプ場で目立ちます。Boseさんオススメのスタイル!

大切なのは流行のキャンプグッズとの統一感

日本のヒップホップシーン最前線でフレッシュな名曲を作り続けているスチャダラパーのMC、Boseが中古車情報誌『カーセンサー』にてお届けする人気連載「Bosensor」。カーセンサー本誌で収録しきれなかったDEEPでUNDERGROUNDな話をお届けっ!!

今回はフレックスオートレビューにお邪魔した記事(関連リンク参照)の後編です。

編集部ゆきだるま(以下、ゆきだるま):今回、本誌では日産のキャラバンコーチをピックアップしました。Boseさんには1BOXカーのイメージってあまりないんですよね。なんでこれを選んだのですか?

Bose:実は最近、ポップアップルーフが付いたキャンピング仕様の車を買ったんだ。もともとアウトドアが好きだったし、キャンプ場についてポップアップルーフを広げれば設営完了! という手軽さがいいなと思ってね。

ゆきだるま:素敵! 屋根の上のテントって秘密基地みたいだからお子さんも喜びそうですね。それに雨の日でも濡れながらテントを張らなくていいので楽ですよね。

Bose:実際にその車でキャンプに行っているんだけど、たまに「負けた・・・・・・」と感じることがあるんだよね。それは古いハイエースをいい感じにいじっている人たち。彼らはキャンプ道具もビンテージなものを使っているからキャンプサイトに統一感があってバッチリハマっているんだ。

▲写真は1970年代に人気のあったテントをベースに開発されたコールマンのクラシックテント。こういうギアにネオクラシックな車が似合うんです

▲写真は1970年代に人気のあったテントをベースに開発されたコールマンのクラシックテント。こういうギアにネオクラシックな車が似合うんです

横田部長:そういうふうにワンボックスを楽しんでいる人、うちのお客様にもいらっしゃいますよ。その方は海沿いでお店をやっていて、ビンテージのワンボックスに乗って波乗りを楽しんでいます。オーガニックな雰囲気ですごくカッコいい方ですね。

Bose:わかるなあ。やっぱり統一感ってすごく大事だよね。キャンプシーンは本当のビンテージギアがブームになっているのはもちろん、各ブランドがコットンテントやランタン、クーラーボックスなんかを復刻版として出していたりするの。そういうものを選んでも車が今どきのカタチだとチグハグになっちゃうんだ。

ゆきだるま:車の場合、過去のモデルに影響を受けたモデルはあっても完全な復刻版が登場することはありませんからね。

Bose:後は色。流行りがあるから同じ種類の色でも今と昔じゃ全然違うじゃん。今じゃ車の色として採用されないものもあるし。このキャラバンコーチ、そして前回取り上げたマスターエースサーフの色は今の新車でまず見ることがないもんね。

▲インパネも今の車にない雰囲気。フラットなダッシュボードは小物を置くのにも便利です

▲インパネも今の車にない雰囲気。フラットなダッシュボードは小物を置くのにも便利です

横田部長:今の車じゃ満足できないからネオクラシックと考えたとき、ワンボックスはデビューの車としておもしろいと思いますよ。スポーツカーのようにチューニングしているものが少ないから気軽に乗れるんです。状態もいいものが多いのが特徴ですね。

Bose:だってこのキャラバンコーチ、30年以上前の車なのにワンオーナー車でフルノーマルだよ。30歳くらいで買った人が60歳を過ぎるまで乗り続けた。新車当時にコアなマニアがいたわけではないから、たぶん強いこだわりがあるというよりも天然で長く乗り続けたパターンだよね。

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会