ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『ポケモンGO』連動デバイス『Pokemon GO Plus』の発売日が9月16日に決定

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


スマートフォンの画面を見なくても『ポケモンGO』を遊べるデバイスとして発表されていた『Pokemon GO Plus』(以下『ポケモンGOプラス』)の発売日が9月16日に決定したことをNianticとポケモンが発表しました。全国のポケモンセンター/ポケモンストア、ポケモンセンターオンライン、ポケモンEXPOジム、Amazonで販売を予定しています。


『ポケモンGOプラス』は、スマートフォンとBluetoothで接続し、アプリがバックグラウンドで動作中でも『ポケモンGO』をプレイすることができるデバイス。具体的には、ゲーム中の“ポケストップに立ち寄る”、“ポケモンを捕まえる”の操作をデバイスだけで実行できます。

ポケストップの近くに来ると、『ポケモンGOプラス』本体が振動し、ランプが青く点滅します。ボタンを押すとポケストップに立ち寄ったことになり、道具を入手することができます。どのような道具をいくつ手に入れたかは、ゲーム内の“ぼうけんノート”やスマートフォンの通知で確認できるとのこと。

プレイヤーの近くにポケモンが出現した場合、『ポケモンGOプラス』本体が振動し、ランプが緑に点滅。本体のボタンを押すと、ポケモンを捕まえるために“モンスターボール”を投げてくれます。捕獲が成功したかどうかは、ランプの色・点滅・振動のパターンで判別することができます。

注意点としては、アプリをバックグラウンドで動作させて『ポケモンGOプラス』と組み合わせてプレイする場合、プレイヤーが歩いた距離はゲーム内に反映されないことと、ゲーム内アイテム“おこう”の効果で引き寄せられたポケモンには『ポケモンGOプラス』が反応しないこと。とはいえ、歩きスマホはしたくない、日常生活でさりげなくプレイしたいと願っていたユーザーには待望の製品。メーカー希望小売価格は3500円(税別)です。

『ポケモンGOプラス』対応OS
【iOS】
対応OSバージョン:iOS8-9
対応端末:
iPhone 5/5c/5s/SE/6/6s/6 Plus/6s Plus

【Android】
対応OSバージョン:Android 4.4-6.0
対応端末:
Android 4.4以上、Bluetooth Smart(Bluetooth v4.0以上)に対応し、RAM2GB以上搭載の端末

※詳細はサポートサイト掲載の対応環境を確認のこと
http://www.pokemon.jp/pokemongoplus-support/

9/14追記:
公式サイトで下記の仕様が追加で発表されました。

『Pokémon GO』がバックグラウンドで動作している間も、タマゴをかえすことや、相棒のポケモンのアメをもらうために必要な、”歩いた距離”は反映されます。

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP