ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

狂人ピエロと廃墟で12時間耐久鬼ごっこ! 絶望的なデスゲームを描くロブ・ゾンビ最新作『31』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

ピエロ恐怖症の皆様、申し訳ございません。皆様の恐怖症が悪化しそうな映画が日本公開決定。10月22日に公開となる映画『31』は、狂人ピエロとの命がけのゲームに強制参加させられた人々の決死の12時間を描く物語です。

ときはハロウィン前夜、カーニバルで働く5人の男女が誘拐される事件が発生。彼らが気が付くと、扉や窓がすべて閉ざされた巨大な廃墟に監禁されていました。逃げ場のない彼らに一つだけ残された道は、“31”と呼ばれる狂ったゲームで勝ち残ること。それは、バール、ナイフ、メリケンサックといった凶器を手に、ザ・ヘッズ(The Heads)と呼ばれるピエロの狂人集団と12時間ものあいだ命をかけて闘わねばならないデスゲームでした。狂人ピエロたちは施設内を走り回り、見つかった者は容赦なく襲われる――地獄のような12時間の結末は、果たして……。

監督は、メタルバンド『ホワイト・ゾンビ』のフロントマンとして活躍する一方で、『マーダー・ライド・ショー』シリーズやリメイク版『ハロウィン』、『ロード・オブ・セイラム』などを手がけ人気を博すホラー監督ロブ・ゾンビ。今作では監督作の常連であり、妻でもあるシェリ・ムーン・ゾンビを主演に迎えております。また、リメイク版『ハロウィン』にも出演したマルコム・マクダウェルが出演陣に名を連ねているのも気になるところ。

ロブ・ゾンビファンはもちろん、“ホラーのピエロ怖いけどついつい観ちゃう”勢のほか、『ソウ』や『CUBE』などの“デスゲーム強制参加”系スリラー好きにも刺さりそうな今作。映画『31』は10月22日より新宿シネマカリテ、シネマート心斎橋ほかにて全国順次公開DEATH!!! アイスクリームを食べて楽しみにお待ち下さい!

『31』
2016年/アメリカ/103分
CAST:シェリ・ムーン・ゾンビ/ジェフ・ダニエル・フィリップス/ローレンス・ヒルトン・ジェイコブス/メグ・フォスター/ケビン・ジャクソン/リチャード・ブレイク/リュー・テンプル/ジェーン・カー/ジュディ・ギーソン/マルコム・マクダウェル
提供:パルコ 配給:ビーズインターナショナル

(C) 2016 VENUS LUX PRODUCTIONS, LLC.

ホラー映画情報、ホラー系エンタメニュース『ホラー通信』:http://horror2.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
レイナスの記事一覧をみる ▶

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP