体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オープンから3カ月。代官山「Decor Tokyo」訪問レポート

オープンから3カ月。代官山「Décor Tokyo」訪問レポート

2016年5月1日。代官山にオープンしたインテリアショップ「Decor Tokyo(デコールトーキョー)」。「もっともっと、日本の住まいをきらきら輝く空間に」というコンセプトで、小さなDIYグッズから壁紙や建具・床材など、住まいに関する商材を数多く取りそろえています。オープンから3カ月。反響はどうなのでしょうか。雑貨・インテリア好きな筆者がワクワクしながらお店をのぞいてきました。

代官山から恵比寿までの散歩ルートに出店。トレンドに敏感な人たちがふらっと立ち寄る

Decor Tokyoの前身は、杉並区西荻窪に構えていたDIY・雑貨ショップ「GONGRI(ゴングリ)」。DIY好きな人が、このお店を目的地として来店し、リピーターも多かったといいます。

「もっと多くの人にファッションのように気軽に住まいを楽しんでもらいたい」という想いから、店舗面積や商品点数を大幅に拡大し、「Decor Tokyo」は誕生しました。開店にあたり、なぜ代官山という立地を選んだのでしょうか。店主である株式会社夏水組 代表取締役 坂田夏水さんにお話を伺いました。

「立地はいろいろと検討したんですよ。表参道や目黒の家具通りとか。ここは恵比寿と代官山の中間にあって、行き来される方も多いんですよね。お散歩中にふらっと立ち寄ってもらえるし、近くに住んでいる方々にも楽しんでいただける立地と考えると、この辺りがベストだと思いました。また、代官山近辺にはインテリアコーディネーターや設計士などのプロが通うショールームや家具などのお店も多く、そういった方々が寄り道してくれるような場所になってくれればいいなと思いました。この街の、せかせかしていない、落ち着いた雰囲気も好きですし。でも、家賃がすごく高いので、どうしようかと思ったんですけど……(笑)」

オープン後、5月・6月の2カ月間で来店した客数は、なんと、延べ3万人にもなるといいます。1日平均来客数は700人。当初の想定より倍近くの来客があるそうで、急きょスタッフを増員して対応しているのだそうです。【画像1】お店の前で一瞬立ち止まったかと思うと、ビビッときたかのように店内に吸い込まれていく女性(写真撮影/SUUMOジャーナル編集部)

【画像1】お店の前で一瞬立ち止まったかと思うと、ビビッときたかのように店内に吸い込まれていく女性(写真撮影/SUUMOジャーナル編集部)

土地柄、客層としては流行に敏感な若い世代が多いイメージですが、そうなんでしょうか?

「週末は若い人がデートでお散歩中にふらっと入ってこられることが多いですね。最初はみなさん、雑貨屋さんかな? インテリアショップかな? とのぞかれて、店内に入るとまず、“これ、壁紙ですか?”と聞かれますね。

一方で、平日の昼間はこの近くに住んでいる主婦の方が多く、時間もお金もかけて、じっくり商品を選ばれる方も多いです。以前海外で生活されていた方は、文化的にもDIYを経験されていて、“昔やっていたのよね。今度部屋の寸法を測ってくるわ。写真も撮ってくるから見てくれる?”と前向きで、自分でやることを楽しまれています」【画像2】お話を伺った、坂田夏水さん。フランスやイギリスのインテリアが好きで、現地にたびたび足を運んでいたそう。今興味があるのは、ニューヨークのインテリア。古いものをずっと大切にするヨーロッパとはまた違って、季節ごとにリノベーションしたりインテリアが変わり、新作が動くところが魅力的なのだとか(写真撮影/SUUMOジャーナル編集部)

【画像2】お話を伺った、坂田夏水さん。フランスやイギリスのインテリアが好きで、現地にたびたび足を運んでいたそう。今興味があるのは、ニューヨークのインテリア。古いものをずっと大切にするヨーロッパとはまた違って、季節ごとにリノベーションしたりインテリアが変わり、新作が動くところが魅力的なのだとか(写真撮影/SUUMOジャーナル編集部)

プロもDIY初心者も。たくさんのニーズに応えられるスタッフと品ぞろえ

1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。