ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「もう満員電車に乗りたくない」人に最適!空飛ぶ通勤タクシーを2017年にもエアバス社が発表か?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

都市部のラッシュアワー時は、電車はぎゅうぎゅう詰め、道路も渋滞。この対策として、空に目が向けられるのは自然なことかもしれない。

近距離でも空を飛んで移動できたなら−。こうした思いに応えようと、大手航空機メーカーのエアバス社が“空飛ぶ自動運転タクシー”を開発中だ。2017年にもプロトタイプを飛ばすという。

・乗り合いバスの感覚で

エアバス社は現在、シリコンバレー拠点の開発チームが中心となってこの空飛ぶタクシーに取り組んでいる。コードネームは「Vahana」。

開発チームのリーダー、Rodin Lyasoff氏は、2017年までにVahanaを飛ばすことは可能、との見方を示している。

そしてゆくゆくは、乗り合いタクシーのような感覚で都市部の通勤などに活用されることをイメージしているようだ。

・課題は障害物回避

Lyasoff氏によると、現在直面している課題は障害物を回避するシステムの構築。これは、自動車メーカーなどが開発中の無人自動走行技術と共通する課題と言える。

ここをクリアすれば、実用化へ向けたテスト飛行が見えてきそうだ。

エアバス社のイメージとしては、利用したい人はスマホで予約し、乗り場へ行き搭乗する。相乗りにすることでリーズナブルな価格で提供できると踏んでいる。

SFの産物、空飛ぶタクシーが現実に交通手段の一つになる日はそう遠くないのかもしれない。

Airbus

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP