ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Nexus “Sailfish”はやっぱりSnapdragon 821を搭載?CPU-Zの一部が公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google の次期 Nexus スマートフォンの一つ “Sailfish” が Snapdragon 821 を搭載していることを示す情報が出てきました。その情報というのは、Android Police のライターである David Ruddock 氏が公開した Sailfish のものとされる CPU-Z 画面の一部です。画像には、Snapdragon 821 と目される「MSM8996Pro」の型番が記されています。ただ、CPU-Z を実行している端末の型番や名前が不明なので、Sailfish が Snapdragon 821 を搭載しているという裏付けにはなりません。今年の Nexus スマートフォンのプロセッサについては、Snapdragon 820 だという説と Snapdragon 821 だという説があり、錯綜しています。今回の情報で Snapdragon 821 説の可能性が高まったと言えますが、まだ不明です。Source : Twitter

■関連記事
GoogleはInstagramで次期Nexusをデザインを公開?
Sony MobileのQuick Charge 2.0対応USB充電器「UCH10」の充電性能をチェック
プラスワン、Freetel REIにカメラとスワイプアップランチャーの機能改善アップデートを配信開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP