ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

まるで車に乗っているかのような味を体感!ブルーボトルコーヒーで「プリウス試乗味コーヒー」を飲んでみた

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

サードウェーブコーヒーの先駆けとして、2015年にアメリカから日本に上陸してきてから1年以上経った今も人気が衰えないブルーボトルコーヒが、トヨタのプリウスとコラボしたコーヒーを期間限定で販売を開始したので、飲んできました。

目的の「プリウス試乗味コーヒー」の販売店舗は、清澄白河ロースタリー&カフェ、青山カフェ 、新宿カフェの3店舗。

筆者は、表参道駅から程近い場所にある「青山カフェ」の店舗に行ってみました。

ブルーボトルコーヒー青山カフェは、1階にファッションブランドショップが入っている2階に店舗があります。

プリウス試乗味コーヒーは、なんと各店舗1日25杯限定。

アイスコーヒーのみの販売です。

販売を開始してしばらくは、午前中には売り切れてしまうとのことでしたが、訪問した日は残り4杯のという段階で、運良く購入することができました。

レジで注文して会計を済ませた後、出来上がるまで待機。

いよいよ筆者の分のコーヒーが作られる番が来たので、目の前で見学させていただきました。

ハンドドリップで淹れた熱いままのコーヒーを、氷をたっぷり入れたカップに一気に入れて急冷して提供されます。

氷で急冷することで香りが飛ばず、風味が凝縮された深く豊かな味わいのアイスコーヒーに仕上がるとのこと。

プリウス試乗味 アイスコーヒー ¥500(税抜)
3店舗のみ、1日25杯限定

プリウス試乗味コーヒーは、ブルーボトルコーヒー・スタッフが実際にプリウスに試乗しながら開発されたとのこと。

「プリウスに乗った体験を、どうコーヒーにするか?」

もちろん、体感した乗り心地をコーヒーにするという初めての試み。

試乗してコーヒーをつくる?! どういうことなんだろうと、初めはなかなか思い浮かばなかったとのことです。

早速飲んでみたところ、喉越しが軽くて、風が頬をなでるような爽快なイメージを持ったコーヒー、というのが率直な感想です。

スタッフが開発した時にこだわったのは、スーッとなめらかな走り心地からくる「スムース」と、燃費のよさやフォルムの美しさの「クリーン」。視界が「クリア」な感じとのこと。

飲んだ瞬間によみがえる、スムースな乗り心地のアイスコーヒーは、試行錯誤した結果、豆はコロンビアとエチオピアのブレンドにたどり着いたという。

2つの豆が持っている特徴のバランスがとても良いですね。

この透き通るように美しいアイスコーヒー、一見なんの変哲も無い普通のアイスコーヒーに見えますが、紛れもなく「プリウス試乗味 アイスコーヒー」だと断言できます。

プリウス試乗味  コーヒー豆 ¥1,500(税抜)
1,000袋限定(店舗・BLUE BOTTLE COFFEE オンラインストアで購入可)

店舗では、1日25杯限定のプリウス試乗味コーヒーも、嬉しいことに、各店舗とブルーボトルコーヒーオンラインストアで購入可能。

店舗ではアイスコーヒーのみの販売ですが、豆自体はホットでもアイスでも楽しんでいただけます。

免許をお持ちでない方も、きっと助手席や後部座席の快適さを味わえるはず。

「プリウス試乗味コーヒー」は、8月31日までの期間限定発売です。

ぜひ一度、プリウスに乗っているかのような味をブルーボトルコーヒーで体感してみてくださいね。

※写真全て著者撮影

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: つくし家) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP