体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

まるで車に乗っているかのような味を体感!ブルーボトルコーヒーで「プリウス試乗味コーヒー」を飲んでみた

Resize_a18

サードウェーブコーヒーの先駆けとして、2015年にアメリカから日本に上陸してきてから1年以上経った今も人気が衰えないブルーボトルコーヒが、トヨタのプリウスとコラボしたコーヒーを期間限定で販売を開始したので、飲んできました。

Resize_2

目的の「プリウス試乗味コーヒー」の販売店舗は、清澄白河ロースタリー&カフェ、青山カフェ 、新宿カフェの3店舗。

筆者は、表参道駅から程近い場所にある「青山カフェ」の店舗に行ってみました。

Resize_3

ブルーボトルコーヒー青山カフェは、1階にファッションブランドショップが入っている2階に店舗があります。

Resize_4

プリウス試乗味コーヒーは、なんと各店舗1日25杯限定。

アイスコーヒーのみの販売です。

販売を開始してしばらくは、午前中には売り切れてしまうとのことでしたが、訪問した日は残り4杯のという段階で、運良く購入することができました。

Resize_5

レジで注文して会計を済ませた後、出来上がるまで待機。

いよいよ筆者の分のコーヒーが作られる番が来たので、目の前で見学させていただきました。

Resize_6

ハンドドリップで淹れた熱いままのコーヒーを、氷をたっぷり入れたカップに一気に入れて急冷して提供されます。

氷で急冷することで香りが飛ばず、風味が凝縮された深く豊かな味わいのアイスコーヒーに仕上がるとのこと。

Resize_a18

プリウス試乗味 アイスコーヒー ¥500(税抜)
3店舗のみ、1日25杯限定

プリウス試乗味コーヒーは、ブルーボトルコーヒー・スタッフが実際にプリウスに試乗しながら開発されたとのこと。

「プリウスに乗った体験を、どうコーヒーにするか?」

もちろん、体感した乗り心地をコーヒーにするという初めての試み。

試乗してコーヒーをつくる?! どういうことなんだろうと、初めはなかなか思い浮かばなかったとのことです。

Resize_9

早速飲んでみたところ、喉越しが軽くて、風が頬をなでるような爽快なイメージを持ったコーヒー、というのが率直な感想です。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会