ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

本性を現した神堂が上原家に魔の手を伸ばす『闇金ウシジマくんSeason3』直後レビューVol.4【初心者から大ファンまで】

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


現在放送中の、ドラマ第3期『闇金ウシジマくんSeason3』。ガジェット通信では、『闇金ウシジマくん』大好き記者から、『闇金ウシジマくん』全く知らない記者、そして“恋愛洗脳されがち”女子まで、タイプの違う5名によるクロスレビューをお届けします。

【過去記事はこちらから】
Vol.1 次から次へとクズが登場!
http://getnews.jp/archives/1493203 [リンク]

Vol.2 急激に距離を縮める神堂とまゆみ
http://getnews.jp/archives/1496818 [リンク]

Vol.3 ニート・コセちんのクズ台詞が炸裂
http://getnews.jp/archives/1500572 [リンク]

【放送日程】
MBS 7月17日(日)スタート 毎週日曜 深夜0:50~1:20
TBS 7月19日(火)スタート 毎週火曜 深夜1:28~1:58

http://ymkn-ushijima-movie.com/index.html [リンク]

(C)2016真鍋昌平・小学館/「闇金ウシジマくん3」製作委員会・MBS

『闇金ウシジマくんSeason3』ガジェット通信編集部はこう観た

昔、筆者の母親が山下智久さんの大ファンになって、当時はNEWSだったんでライブに行ったり、ドラマのDVDを買ったりして熱心に応援していました。ある日「お母さんが山Pを好きなのは、自分が数十歳若かったら彼氏にしたい感じなのか、娘の彼氏だったら嬉しいなって感じなのか、どっち?」と聞いたのですが、「う〜ん、どちらかといえば前者だけど両方!」って言ってたんです。と、ふとそんな話を思い出してしまった、神堂とまゆみ母の雰囲気。自分の娘の婚約者に手にぎられて喜ぶゥ〜? って、ドラマ観てる側としては思っちゃいますけど、当事者になったらそうでも無いんでしょう。人間って恐いし面白いですね。

そんでもって、まゆみがマリファナ吸っちゃうシーンですけど、あれもちょっと“あるある”で。皆さんも中高生の頃に「友達が万引きしてて注意したけど、真面目と揶揄されてバカにされたから加わっちゃった」とか、大学生or社会人初めの頃に「俺オランダでシュガーやったから〜」「私NYでガンジャ吹かしたお☆」的なイリーガル自慢をされて「フンダ! 私だって葉っぱの一枚や二枚!」と謎の虚栄心をはってしまった、本来は薬物なんて絶対したくないです! 的な経験ありませんか? 今回のまゆみもきっとそうなんじゃないかと思っていて、「違法だけど喜びを共有する行為ですよまゆみさん」みたいな甘い上手い言葉に惑わされたのもあると思うけど、まゆみの「アタシ編集者だし情報感度高いですけど?」心をサワサワ〜とくすぐったんじゃないかと。つまり「まゆみさん、マリファナも吸ったことないんですか? プクク」と思われるのが嫌だという気持ちもあったと思うんです。

でもね、自分のイヤな事は断ってやらないって全然ださくないしカッコイイ。あと間違って一回やってしまったとしても「あの動画が職場に送られたら……」と悩む前に自分から職場に言ってクビになっちゃえばいいんです。だって脅しって一度受け入れたら永久に続くもんでしょ? と、筆者の個人的な思い出と、風紀委員魂(一度もやったことないが)がグイグイ出てきてしまった第4話でした。

【プロフィール】藤本エリ
映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。『闇金ウシジマくん』関連は漫画・コミック・ドラマ全てをコンプリート。原作者・真鍋先生のインタビューもよろしく→http://getnews.jp/archives/578536

美奈の白塗りメイクに感じた希望

ついに新堂(中村倫也)が本性を現しました。上原まゆみ(光宗薫)をメインターゲットに、母親、姉、姉の夫と着実に魔の手が伸びていきます。洗脳の初期段階は明らかに労力とコストがかかりますが、いつかの「300円のバラが3万円になって帰ってくる」というセリフが思い出されます。新堂の投資と回収能力は真似しようにも簡単にできる業ではありませんけど……。氷を買いに行かせるのも、マリファナを吸わせるのも、強制ではなく必ず本人に“選択”させるんですよね。あー、コワい。

周囲の人間からすれば、DV行為が発覚した時点できっぱりと関係を断ち切れば良いと思ってしまうのですが、そう簡単にはいかないのが洗脳の恐ろしいところ。ベースになった言われる2002年の“北九州監禁殺人事件”について調べると、「事実は小説より奇なり」という言葉がぴったりと当てはまります。「こんなことまで!?」という描写が実際に起こっているんですよ!

さて、今回はコセちん(本多力)を抑えて結城母(倖田季梨)を“ベスト・オブ・クズ・ワード”に選出しました。実の娘に対する「頼むよ美奈、私、美奈ちゃんがいないと生きていけないの」という言葉もまたある種の洗脳と言えるでしょう。血がつながっている方がマインドコントロールは容易のハズ。周りをクズに囲まれる中、ジョーカーよろしくメイクを塗りたくった美奈(佐々木心音)は、まだギリギリのラインで踏ん張っているのかもしれません。『鈴木先生』風に言えば、「自分に壊れることを許さない」ように必死に戦っているのです。どうか彼女にはハッピーエンドが訪れますように。

【プロフィール】よしだたつき
PR会社出身のゆとり第一世代。『Variety Japan』(http://variety.co.jp/)のシニア・エディターとしても活動中。クズ鑑定士。クズ検定1級。

神堂の口のうまさが目立ってきました

今回は神堂回。まゆみだけじゃなく、まゆみの家族も次々と落としていきます。まゆみの母親がスーパーまで来た神堂を自然に受け入れたのは驚いたけど。流石に怖い。あと実は母親狙い!? みたいなのも怖い。客観的に見ていると「娘の彼氏にときめくとか有り得ない」って思うけど、自分がイケメン好きなので騙される可能性はあるのかも? と思うと恐ろしい……。

そして「人は信じていたほうが楽に生きられる」は真理だし、甘い言葉。疑ってばっかの人生は疲れるよね。「違法だけど喜びを共有する行為」と言って重要性の焦点をずらしたり、神堂の口のうまさが目立ってきました。

ネカフェ少女の美奈は母親との売りを繰り返しついに精神が崩壊。性犯罪などにも共通して言えるのですが、ただその場で終わる行為に思えるけど、トラウマを抱えるほど精神的にダメージを受けるキツい行為ですよね、美奈の闇は深い。

あと今回最初に「上客にはアドバイスしてくれるんだ」ってウシジマくんの意外な一面を感じました。ニートたちのNPO法人立ち上げの展開も気になります。

【プロフィール】non
アニメや可愛いものが大好き。『闇金ウシジマくん』初体験の元ニート。

Aの異様な勘の鋭さが垣間見えた瞬間

前回では、私とAの初食事、そして向こうも彼女持ちだと告白、そして帰り道にギュッと抱きしめられるというトレンディ(笑)展開を書きました。その夜はちゃんと家に帰り、彼氏にも「今帰ったよ〜○○ちゃんとのご飯楽しかった♪」的なメールを送り(女ってヤですねえ)、また普通の日常に戻りました。

1週間後、Aにクラブイベントを誘われてたので22時くらいに集合したんで、(2時くらいにタクシーで帰宅かな〜)なんて思いつつお酒飲んで楽しくしてたら「そろそろ出よっか」と案の定2時近く。クラブを出てタクシーをつかまえようとしていた時「miyuさ〜ホテル行こう」と直球ストレート。(ちなみにモテる男って女の子を呼び捨てにするタイミングがめっちゃ上手いと思う)

迷いながらも行ってしまったんです。ああ、浮気確定。もうしてるみたいなもんだけど。一晩一緒にいて朝になって帰る時も豹変するでも無く、優しいカレ。手をつないで朝の繁華街を歩きます。でもその繁華街が彼氏の職場の近くで、万が一休日出勤してたらヤバい! と思い、さりげなく手をゆるめる私。むこうも何も気にしてないみたい。駅でバイバイして「昨日今日とありがとう。とっても楽しかった!」と御礼メールを送ったら即返信。

「彼氏と会ったらまずいと思って手離したの?」

「俺もめっちゃ楽しかったよ」的な返信が来ると思ってたらまさかの質問。迷ったあげく「ううん、ちょっと恥ずかしかったから」と取り繕いメールのやりとりはいったん終わりますが、自分の行動が完全に読まれていた事に心臓はドキリとしたのでした。

その後、やっぱり彼氏とはうまくいかなくなってしまい、浮気はバレないままお別れしたのですが、じゃあこのままAとうまくいくかといったら……。いかないですよね(笑)。Aの勘の鋭さ、異様な嫉妬心、そして掌握術。私はこの後数ヶ月、Aに振り回される生活を送る事になるのです。

【プロフィール】miyu
昔恋愛で洗脳経験を持つ32歳主婦。元クラブ通いOL。

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP