ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sonyの6インチスマートフォン「Xperia XA Ultra(F3215)」開封の儀&ファーストインプレッション

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony Mobile が海外で 7 月に発売した 6 インチ画面の大型スマートフォン「Xperia XA Ultra(F3215)」を入手したので、早速開封の儀を執り行います。Xperia XA Ultra は、Xperia X シリーズの 4 作目として発表されたミッドレンジクラスのスマートフォンで、MWC 2016 で発表された「Xperia XA」と共通設計の筐体を採用しながらも、画面サイズを 6 インチに拡大し、さらに、RAM 仕様やフロントカメラのスペックを強化しています。グレード的には Xperia XA よりも上です。Sony Mobile は昨年にも 6 インチ画面を採用した「Xperia C5 Ultra」を発売していますが、Xperia XA Ultra はこの後継モデルと言って過言ではありません。ディスプレイサイズ以外の特徴はボーダーレスと言えるほどの極細ベゼルを採用しており、外観が良い点が挙げられてます。Xperia XA Ultra の主要スペックは、6 インチ 1,920 x 1,080 ピクセルの IPS 液晶、64bit 対応の MediaTek Helio P10 MT6755 1.8GHz オクタコアプロセッサ、3GB RAM、16GB ROM、Micro SD カードスロット、背面に 2,150 万画素(1/2.4 型 Exmor RS)、前面に 1,600 万画素カメラ(LED フラッシュ、光学手ブレ補正)、2,700nAh バッテリーなどを搭載しています。Xperia XA Ultra の筐体サイズは 164.2 x 79.4 x 8.4mm、質量は 190g です。6 インチスマートフォンにしてはかなり細身なので、5.7 インチスマートフォンの感覚で使えると思います。Xperia XA Ultra の構造はアルミ合金の本体フレーム、2.5D カーブ仕様の液晶カバーガラス、プラスチック素材のバックカバーを組み合わせた内容です。側面にカメラシャッターはありますが、電源ボタンに指紋リーダーはありません。USB コネクタは Micro USB で、左側のスリットはスピーカーです。Xperia XA Ultra はステレオ仕様ではありません。バックカバーはプラスチックタイプですが、指紋や皮脂が付着しづらい仕上げとなっていました。前面にはスマートフォンでは珍しい LED フラッシュを搭載しています。左は Xperia C5 Ultra、右は Xperia XA Ultra です。外観はまるで Xperia C5 Ultra ですね。縦横のサイズもほぼ同じでした。端末を手に持った感覚も Xperia C5 Ultra に似ていましたが、先ほども触れましたが、バックカバーの表面がツルツルタイプからサラサラタイプに変わって、指紋や皮脂汚れの付着が軽減しています。単体のスマートフォンとしては、ディスプレイサイズが 6 インチもあるので、やはりそこら辺のスマートフォンよりも大きく感じます。しかし、画面サイズの分だけアプリは見やすいので、このことは考慮すべきです。2.5D 仕様のカバーガラスを採用しているので、ディスプレイのエッジからの内側へのスワイプ時に引っかかりが減りました。ディスプレイの解像度は 1,920 x 1,080 ピクセルと前作から変わらず。IPS 液晶なので、視野角は広く、色合いやタッチレスポンスも良好でした。Xperia XA で発生していた、パネルが何故かツルツルしてタッチしづらい問題はありませんでした。前作から改善されたのは屋外での視認性です。前作の最大輝度は低く、屋外では見づらいと感じる場面が多かったものの、Xperia XA Ultra は Xperia X 並みの見やすさでした。OS は Android 6.0.1 で、UI は他の Xperia X シリーズと同じです。しかし、ディスプレイサイズが大きいので、ホーム画面にアイコンが横に 5 つ表示されるなど UI は調整されています。また、前作と同様に、片手操作モードを搭載しており、必要であれば UI 枠を小さくすることができます。オーディオ機能において、DSEE HX やハイレゾ再生、LDAC、S-Force 3D Surround、デジタルノイズキャンセリングは搭載されていません。片手操作モードは UI 枠の縮小化のほか、電話アプリやキーボードの片寄せなどが可能です。Xperia XA Ultra のカメラはミッドレンジモデルにしては比較的スペックが高く、実際に撮影してみると意外と画質は良いものでした。カメラは背面に 2,150 万画素(1/2.4 型 Exmor RS)、前面に 1,600 万画素カメラ(LED フラッシュ、光学手ブレ補正)を搭載しています。Xperia XA Ultra のスペックは Xperia XA と同等です。性能に関わるスペックを前作と比較してもさほど違いあ見られないので、Xperia X Performance ほどの性能は期待しない方が良いでしょう。Antutu アプリのスコアは 48,062 点と、Xperia XA よりも 14% 良いです。これは RAM 容量が 3GB に増えたことが影響していると思います。Xperia XA Ultra のバッテリー容量は 2,700mAh です。6 インチスマートフォンでこの容量ははっきり言って少なすぎ。ただ、アイドル時の電力消費がかなり少ないので、使用頻度が少ない場合は思ったよりも長い時間使えます。Source : モバイルゲージ

■関連記事
吉野家、歩数計機能やクーポン機能を備えた公式Androidアプリをリリース
Moto Z Playが中国で認証を取得、厚みは6.99mm
GoogleのNexus 2016年モデルが10月4日に発表されるとの噂

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP