ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

LGは21:9 シネマスコープサイズのスマートフォンを今後発売?「UltraWide Mobile+」を商標出願

DATE:
  • ガジェット通信を≫

LG は、スマートフォンでシネマスコープサイズのディスプレイを搭載した機種を出すと予想される「UltraWide Mobile+」を韓国で商標出願していました。LG は「LG UltraWide」のブランド名で 21:9 シネマスコープサイズの横長液晶モニタを展開しており、今回出願された商標から、「UltraWide Mobile+」はスマートフォン・タブレット用のディスプレイのブランド名と予想されます。シネマスコープサイズのディスプレイは過去に Acer が過去に発売した Iconia Smart で採用しており前例があります。Iconia Smart は 4.8 インチで 1,024 × 480 ピクセルを採用していました。LG スマートフォンの場合だと、サイズは 5 ~ 6 インチで WQHD ~ QHD の解像度を採用してくるのではないかと予想されます。Source : KIPRIS

■関連記事
「LINE LIVE」アプリのライブ配信機能が近日中にも一般ユーザーに開放
KDDI、Xperia X Performance SOV33にタッチパネルの修正アップデート(35.0.D.0.362)を配信開始
Xiaomi、VRヘッドセット「Mi VR」のティザー動画を公開、8月4日に何らかの発表も

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP