体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

BlackBerry HamburgがGCFの認証を取得、STH100-1は3Gモデル? FOMAプラスエリアにも対応

BlackBerry の Android 新モデルと見られる「STH100-1」「STH100-2」が Global Certification Forum(GCF)の認証を取得しました。STH100 シリーズはフルタッチ端末の「Hamburg」と見られており、既に FCC や Wi-Fi、Bluetooth の認証も取得しています。まもなく発表される見込みです。GCF の認証を取得した 2 モデルのうち、STH100-1 は GSM と WCDMA にしか対応していない模様で、STH100-2 は LTE にも対応していました。どちらも 3G は WCDMA Bands 1 / 2 / 5 / 6 / 8 に対応しており、LTE モデルについてはさらに FDD Bands 1 / 2 / 3 / 7 / 8 / 20 / 28 と TDD Bands 38 / 40 / 41 に対応しています。Source: GCF

■関連記事
ゲーム実況アプリ「PlayingLife」に「ポケモンGo」のニックネームを非表示にする機能が追加
シャープの海外向け「AQUOS M1」のプレス画像が流出
NTTコミュニケーションズ、「OCN モバイル ONE」で5分以内の通話なら追加費用不要でかけられる話オプション「OCN でんわ 5 分かけ放題オプション」を8月1日に提供開始

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。