ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

見覚えある“あの腕時計”も登場! 気になる要素テンコ盛りの新『デスノート』特報第2弾が解禁

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

2006年の映画『DEATH NOTE』『DEATH NOTE the Last name』から10年後の世界を舞台にした映画『デスノート Light up the NEW world』(10月29日公開)。本日、極限の頭脳戦を予感させる特報映像の第2弾が公開されました。

映画『デスノート Light up the NEW world』特報第2弾(YouTube)
https://youtu.be/evtoLSO2TKw

「デスノートを手に入れろ―」という“キラ”からのメッセージを発端に、再びデスノートによる連続殺人が勃発。解禁された映像は、思想なきデスノート所有者・青井さくら(川栄李奈)が渋谷の街を大混乱に陥れる場面からスタートします。


「デスノートを封印する」と話すのは、キラ事件に精通するデスノート対策本部捜査官・三島創(東出昌大)。対策室のモニターには最初のノート所有者である夜神月(藤原竜也)の姿が映し出され、オールドファンへの目配せもバッチリ。月が使用していた腕時計のギミック、笑顔で自らに銃を向ける松田桃太(青山草太)の姿と、本作が正統なシリーズ続編であることを改めて認識できます。


そして、かつてデスノートを所有していた弥海砂(戸田恵梨香)の姿も。1度はノートに関する記憶を失った彼女ですが、先日解禁された場面写真では今回もデスノート所有者であることが発覚。「以前の記憶は?」「死神の目は?」「寿命は?」と様々な疑問が浮かび上がります。

不敵に迫る死神リューク(中村獅童)、真っ白な“人間ではない何か”と、とにかく意味深なシーンがテンコ盛りの新映像。Lの遺伝子を継ぐ世界的私立探偵の竜崎(池松壮亮)、キラ信奉者でサイバーテロリストの紫苑(菅田将暉)も参戦して繰り広げられるデスノート争奪戦に期待です!

映画『デスノート Light up the NEW world』公式サイト:
http://wwws.warnerbros.co.jp/deathnote2016/

(C)大場つぐみ・小畑健/集英社 (C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP