ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ストレージにバッテリー、コンパクトな「Xpress-PRO」はケーブルも内蔵!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

出先でバッテリーがピンチになった、あるいは写真を撮ろうとしたらデータがいっぱいでチャンスを逃してしまった−。そんな経験がある人に今回紹介したいのが「Xpress-PRO」。

コンパクトながら1500〜3500mAhのバッテリーを搭載し、メモリを最大256GB拡張することができる。

・ポケットに入るサイズ

この手のものは携帯しやすい大きさであることが重要だ。その点、Xpress-PROは名刺よりひと回り大きい程度。厚みが1.6〜2センチとややあるが、ポケットに入るサイズだ。

外部メモリやモバイルバッテリーならたくさん商品化されているが、Xpress-PROの強みはコンパクトにもかかわらずこの2つを備えている点。

バッテリーが1500 mAhタイプならストレージは32GBか64GB、バッテリーが3500 mAhだとストレージは128GBか256GBから選べる。

・ケーブルもビルトイン!

また、充電するにしてもデータを転送するにしてもケーブルが必要だが、Xpress-PROはライトニングとマイクロUSBに対応するケーブルを内蔵している。

使うときだけ取り出し、普段は本体に収納しておけるので持ち運び時にケーブルが邪魔になることはなさそう。

・デザイン賞受賞の実力派

まさにオールインワンのXpress-PROは、国際的なプロダクトデザイン賞「reddot」を受賞している。

現在、商品化に向けクラウドファンディングサイトKickstarterで出資を募っていて、1500 mAh・32GBタイプは69ドル(約7000円)〜、3500 mAh・256GBは335ドル(約3万4000円)〜で入手できる。

日頃からスマホのデータ容量不足、バッテリー切れに悩まされている人は検討してみてはいかが。出資期限は8月9日まで。

Xpress-PRO/Kickstarter

https://ksr-video.imgix.net/projects/956533/video-681472-h264_high.mp4

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。