ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジョエル・エドガートンが監督デビュー 素敵な贈り物に気をつけて 傑作サイコスリラー『ザ・ギフト』日本上陸[ホラー通信]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

お中元の季節にとびっきりのギフト・ホラーの情報が届きました。執拗にプレゼントを贈ってくる奇妙な男の恐怖を描き、全米でスマッシュヒットしたサイコスリラー『ザ・ギフト』が日本上陸。この映画、『ブラック・スキャンダル』や『エクソダス:神と王』、『キンキーブーツ』などで知られるイイ味の俳優ジョエル・エドガートンが監督・脚本・出演を兼ねているという話題作です。ジョエル、君もスリラーが好きだったのかい……!

主人公は新天地に越したばかりの夫婦。そこへ夫の同級生を名乗る男・ゴードが現れ、再会を祝してワインの贈り物をくれるのですが、次第に贈り物はどんどんエスカレートしていき、夫婦の周りに異変が起き始める……というストーリー。ジョエル・エドガートンはギフトを贈り続ける奇妙な男・ゴードを演じ、ギフトを贈られる夫婦役は、『宇宙人ポール』『モンスター上司』など多数のコメディ映画に出演しているジェイソン・ベイトマンと、『トランセンデンス』のレベッカ・ホールが演じます。

製作はハリウッド・ホラーの名プロデューサー、ジェイソン・ブラム。ブラムの製作のもと初の長編監督に挑んだジョエル・エドガートンですが、批評家からも高い評価を受けているそうで、辛口レビューサイトRotten Tomatoesでも批評家満足度93%(現時点)を記録しています。これは期待していいのではないでしょうかッ!

映画『ザ・ギフト』は10月下旬、TOHOシネマズ 新宿ほかにて全国公開です。どうぞお楽しみに!

作品概要

【STORY】
新天地で幸せな家庭を築く夫婦サイモンとロビンの前に現れた、夫の同級生と名乗る男・ゴード。再会を喜び、二人に「ギフト」を贈り始めるゴードだったが、徐々にエスカレートしていくギフトに、二人は違和感を覚える。やがて夫婦のまわりに異変が起き始め…ついに二人はゴードが仕掛けた恐ろしいギフトの真相を知ることになるのだった――

■製作・監督・脚本・出演:ジョエル・エドガートン『ジェーン』『ブラック・スキャンダル』『エクソダス:神と王』『華麗なるギャッツビー』
■製作:ジェイソン・ブラム『アンフレンデッド』『死霊館』『ヴィジット』『セッション』
■出演:ジェイソン・ベイトマン『ズートピア』(声)『ディス/コネクト』『宇宙人ポール』、レベッカ・ホール『トランセンデンス』『アイアンマン3』
■2015年/アメリカ/英語/108分/シネマスコープ/カラー/5.1ch/原題:The Gift/日本語字幕:岡田理枝
■提供:バップ ■配給:ロングライド、バップ ■提供協力:日活
公式サイト:movie-thegift.com

(C) 2015 STX Productions, LLC and Blumhouse Productions, LLC. All Rights Reserved.

レイナスの記事一覧をみる ▶

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP