ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

2016年シニア世代のスマートフォン利用実態、購入端末で重視する点は「画面の大きさ」が1位(MMD調査)

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
MMD 研究所は 6 月 22 日、60 ~ 79 歳までのシニア世代を対象に実施した 2016 年シニアのスマートフォン利用に関する調査結果を公開しました。今回の調査結果は 60 ~ 79 歳の男女 884 人を対象に実施されたインターネットアンケートの結果に基づくもので、まず、NTT ドコモの Android スマートフォンを利用している方が全体の 24.0% と最も多いことが分かりました。携帯各社からはシニア向けのスマートフォンがいくつか販売されていますが、これらの利用者は思ったほど多くありません。一番多かった NTT ドコモのシニア向けスマートフォンでもわずか 3.4% でした。シニア世代の方にとって、スマートフォン選びは苦労する部分だと思います。MMD の調査結果では、購入にあたり重視した点に関する質問もあり、回答の中でも「画面の大きさ」だと回答人は 55.2% と最も多く、続いて、操作性の良さと回答した人は 43.3%、端末価格だと回答した人は 31.2% でした(複数回答制なので 100% を超えます)。全体の半数以上の人は大画面端末を好んでいるようです。また、よく利用するアプリについては、天気アプリと回答した人は 70.6% と最も多く、続いて、ナビアプリと回答した人は 54.4%、コミュニケーションアプリ(LINE など)と回答した人は 52.5% でした(こちらも複数選択制です)。意外だったのはメディカル系アプリの利用者が全体のたった 2.5% だったことです。最近では、様々な健康管理・医療系アプリがリリースされていますが、今回の調査結果によると、こういったメディカル系アプリの利用者は少ないと言えます。Source : MMD 研究所

■関連記事
ドイツのAmazon、Wileyfoxの新モデル「Wileyfox Spark」をフライング公開
Paranoid Android 6.0の機能がわかる実演デモ動画
既存のNexusデバイスではAndroid Nのフリーフォームマルチウィンドウ機能は有効にならない

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。