体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

さかさま、なのに、なつかしい国。ニュージーランドへの旅が心を揺さぶる5つの理由

DSC03478

6日間の旅を終え、ニュージーランドから帰ってきた。

6月のはじめなのに、初雪が降ったばかり。日本と反対側の南半球にある国なので、いわば季節がさかさまなのだ。飛行機の窓から、初冬のニュージーランドを眺めつつ、こんな別世界にほんの11時間で飛べてしまう時代に生まれたことを私は心から感謝した。

あの国は、時差3時間の別世界だ。季節をはじめ、いろんなことが日本とはさかさまになっている。それなのに、なんだか不思議となつかしくなるのだ。テカポ湖の夕暮れを眺めながら、私は、やっと思い出すことができた。こんなことが本当は、毎日の空で起こっていたんだって。東京の暮らしで、いそがしく働いていて、私が見上げることを忘れていた空にも、毎日毎日いつだって夕暮れはあったんだ、って。

テカポ湖の夕暮れ

さかさま、なのに、なつかしい国。ニュージーランドからの帰り道、そんな言葉が浮かんだ。この国の何がこんなに自分の心をゆさぶったのか、今回はニュージーランドで見つけた5つのことをまとめてみたいと思う。この文章を読んでくださっているあなたの、旅のきっかけにしていただけることを願いながら。

もくじ:ニュージーランドへの旅が心を揺さぶる5つの理由

【1】○○から始まった、冒険者の国
【2】ほんのささいなところにも隠れている、○○の国
【3】あまたの物語を秘めた、○○の国
【4】国土の三分の一が○○、大自然の国
【5】なんだか田舎に帰ってきたような、人の優しさがある国

【1】7隻のカヌーから始まった、冒険者の国

南島、ワナカ湖のほとり。クィーンズタウンから車で一時間ほど。バスも運行されている(2016年6月現在)

南島、ワナカ湖のほとり。Googleマップはこちら

ニュージーランドでは、一年を通じて百種類以上の冒険を楽しめる。登山・洞くつ探検・スキー・サーフィン・星空ツアーといった定番から、ハイドロアタック(水上にジャンプするサメ型潜水艦)・エアサファリ(氷河の上を飛ぶ小型飛行機)といった変わり種まで。バンジージャンプが発明されたのも、実はこの国である。冒険にあふれた国なのだ。

それもそのはず。ニュージーランドはもともと、冒険者によって作られた国だからだ。
今から1000年ほど前、日本でいう平安時代半ばくらいまで、ニュージーランドは無人島だった。大航海時代よりも、もっと昔。ヨーロッパの学者が「世界の果ては底なしの崖だ」なんて真面目に言っていた時代のことだ。

そこへ船旅に出たのが、先住民マオリの先祖である。彼らは新天地を目指し、何が待つかもわからない海へ、7隻のカヌーで漕ぎ出していった。

ワカティプ湖の湖畔
1 2 3 4 5次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。