ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画『TOKYO INTERNET LOVE』 ラブサマちゃん、りりか、矢川葵(Maison book girl)など新鋭集結

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 映像作家・スズキケンタ、宅録女子・ラブリーサマーちゃんがタッグを組む映画『TOKYO INTERNET LOVE(東京インターネットラブ)』(特報:http://y2u.be/9hFi4GQ8f2E)の公開が決定した。

 監督・脚本を担当するスズキケンタは10代前半からアニメーション作品や短編映画をネットに公開。作品は国内外で評価されており、ラブリーサマーちゃんの一連のMVも手がけている。本作品でもタッグを組むことになった、20歳で同い年の二人に加え、主演には『三井住友VISAカード』のCMで斎藤工と共演し注目を集めているモデル兼女優・りりか、元BiSのコショージメグミを擁するアイドルグループ・Maison book girlのメンバーである矢川葵、フリーでライター・イラストレーター・歌手など幅広く活動してる今川宇宙が抜擢。制作側から出演側まで新鋭が集まった。

 映画の内容については、ネット上で活動してきたラブリーサマーちゃんやスズキケンタ自身の経験に基づいているという。インターネット上から突然消えた少女・チハ(りりか)がアップしたmp3(音源)を探し求め、二人の少年少女が旅をするのは、記憶と時間とインターネット。インターネット上でのコミュニケーションやMaltineRecordsなどのネットレーベルを題材に、今の東京に生きる若者たちが時代に熱狂し、やがてカルチャーが終息していく姿が描かれている。

 『TOKYO INTERNET LOVE』は、8月に開催される音楽×映画の祭典【MOOSIC LAB 2016】を皮切りに劇場公開。このイベントは今までに今泉力也監督やBiS、大森靖子などが参加し、毎年注目を集めている。

関連記事リンク(外部サイト)

新世代ポップアイコン宅録女子・ラブリーサマーちゃん USロック風新曲の360°MV公開
Maison book girl 確かな成長遂げた4人が語る……目標は“闇堕ちしたPerfume”!?
アップアップガールズ(仮)新井愛瞳/里咲りさ/りりか出演のアイドルDVD情報発表&サンプル動画公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP