ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ARM、モバイルプロセッサ向け新CPUコア「Cortex-A73」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

英 ARM は 5 月 30 日、Computex Taipei 2016 のプレスカンファレンスで、モバイルプロセッサ向けの新 CPU コア「Cortex-A73」を発表しました。Cortex-A72 は、Snapdragon 652 や Kirin 950 / 955 などで採用されている Cortex-A72 の改良版で、主にハイエンドなスマートフォン向けの SoC をターゲットにしています。Cortex-A73 は ARMv8-A アーキテクチャーを採用した CPU コアで、コアあたりのサイズは 0.65mm^2 と ARMv8-A の CPU コアの中では最小。10nm の製造プロセスをターゲットにしており、CPU は最大 2.8GHz で動作します。Cortex-A72 では性能の向上と電力消費の削減が行われており、Cortex-A72 と比較して、同一電力におけるコアあたりのパフォーマンスは最大 1.3 倍に向上しています。Cortex-A73 は公開されたロードマップ図によると、2017 年にリリースされる予定です。Source : AnandTech

■関連記事
ヤフー、Yahoo! Japanの公式Androidアプリに飲食店と宿泊施設の予約機能を追加
NTTドコモ、AQUOS Phone ZETA SH-09Dのソフトウェアアップデートを開始
カメラアプリ「Camera FV-5」がv3.2にアップデート、Xperia Z5シリーズでフル解像度の写真が撮影可能に

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP