ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、既存のスマートフォンをDaydream対応デバイスに認定しない方針

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google I/O 2016 の中で最も注目された発表は VR システムの「Daydream」です。Daydream については、正式リリースの際に「Daydream 対応スマートフォン」が順次投入されることになっていますが、その対応は少し曖昧で、自身のスマートフォンでも Daydream 対応になると期待している方もいます。Google で VR を担当者している Clay Bayvor 氏は Rado to VR からのインタビューで、Daydream 対応の認定を遡及的に付与することはないと述べ、ハイエンドなものであっても、既存のスマートフォンには Daydream 対応の認定がおりない可能性が出てきました。Google は Daydream に対応するスマートフォンや VR ヘッドセットを開発するために、ハードウェアとソフトウェアの仕様を策定しています。中でもヘッドトラッキングなどを司るセンサーは重要だとしています。Daydream では何か特別なセンサーが必要になると見られ、これが原因で既存モデルのサポートには否定的なコメントを出したのかもしれません。Source : Roadto VR

■関連記事
Xiaomi、Mi Band 2を6月7日に発表か?
Samsung、オンライン決済に特化した「Samsug Pay Mini」を6月にローンチか?
Android版LINEがv6.3.0にアップデート、ハッシュタグやユーザーのタグ付けをサポート

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP