ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

土の味『レモンジーナ』がなくなっちゃうらしい(ガジェット通信)

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

あの『レモンジーナ』がなくなる?

ガジェ通のぐーたら野郎、ふかみんです。
2015年に発売され、当初はネットで「土の味」と言われなぜか飲んでみたいという人が続出した『レモンジーナ』。あまりの売れ行きに発売後2日で販売中止となったのが2015年4月なので、ちょうど1年ほど前ですね。

その『レモンジーナ』が本当に飲めなくなるそうです。

うぅ……僕はあの独特の苦味が結構好きだったのになぁ。

実は昨日、ガジェット通信のオフィスににサントリー食品インターナショナルさんが来て、新製品である『ハニーレモンジーナ』の説明と試飲をさせてもらう機会があって、15名ほどの記者さんとなごやかに試飲してたんですが、ふと疑問に思い「まさか前の『レモンジーナ』はなくなったりしないでしょうね?」ときいてみたところ、

「それが…レモンジーナはもうなくなっちゃうんですよ」

とのこと。新しい『ハニーレモンジーナ』と一緒に元々の『レモンジーナ』も販売は続くと思い込んでたので、びっくりしちゃいました。

新しいハニーレモンジーナは、まさに『大人のはちレモ』

改めて『レモンジーナ』と新しい『ハニーレモンジーナ』とを比較してみると、香りも味も全然違うんですよ。なので、現行の『レモンジーナ』が好きって人は、今のうちに飲んでおいたほうがよいと思われます。元の『レモンジーナ』は香りもはっきり柑橘系+苦味(レモンの皮のピール成分)を感じさせるもので、味の方も苦味が強調されてました。

僕はそこが個人的に好きで、たまにゴクゴク飲みたくなるときがあったんですが、新しい『ハニーレモンジーナ』は飲んでみるとまったく違います。

その味はもちろん、「土にハチミツを入れた味」…ではなくて(あたりまえ!)、一言でいえば、

「大人のはちみつレモン」

です。

サントリー食品インターナショナルさんに詳しく話をきくと、むしろ苦味となるピールエキスは、元々の『レモンジーナ』よりも増量されているそうなのですが、味わいはほんのり優しい甘さで、はっきり言って苦味はさほど感じません。以前のが野趣あふれる味わいだとすれば、『ハニーレモンジーナ』は、上品でやさしさあふれる味と香りで、ゆっくり味わいたいと思わせるものがあります。甘みもシンプルなハチミツ味とはちょっと違う、豊かな甘味です。

いや、ほんとに全然違うんですよ

なので逆に、元々のレモンジーナのファンからしたらこれは賛否両論なのかな、と思いました。僕は元々はちみつレモンが好きなので、この「大人のはちレモ」といった味わいは好きですね。『レモンジーナ』ファンの感想をはやくきいてみたいところ。

というわけで、新しい『ハニーレモンジーナ』は5月24日(火)に全国発売だそうです。

そして…元々の『レモンジーナ』が好きだった人は、ほんとに残念ですが、もしお店で『レモンジーナ』を見かけたら手に入れて、別れを惜しみながら味わってみてください。

いやー、これはこれで好きだったんですけどねぇ。

(ガジェ通のぐーたら野郎 ふかみん)

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信』

おまけ)
一年前、レモンジーナ発売時のガジェ通記事です
『レモンジーナ』本日発売 『Twitter』では「土の味」「草の味」「カブトムシ」の声も!? | ガジェット通信

カテゴリー : グルメ タグ :
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる ▶

記者:

やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。未来検索ブラジル・東京産業新聞社社長。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラクターに興味がある。好きな食べ物はシュークリーム。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP