体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

TBS開局60周年!日曜劇場『南極大陸』を見るべき5つの理由

とうとう10月16日、日曜夜9時からスタートする『南極大陸』。
大作感あふれるCMを見るだけで、私は早く放送日にならないかと、うずうずしている。というより何か見なきゃいけない義務感?すら覚えている始末。「なんで見るの?なんで見た方がいいの?」を自分に問いかけた時、くだらないことですが色々浮かんできたので、整理の意味も込めて書いてみます。

1.TBS開局○周年で組まれるドラマの内容は良質

厳密に言うと「勢いにのっている」のほうがいいかもしれない。
『南極大陸』はTBS開局60周年記念ドラマ。基本的に開局記念番組は、他の番組よりも製作費が多くつぎ込まれていると言われている。単純に考えて製作費があればより壮大な物語をドラマで表現することができる。もちろん、局側もその名に恥じぬような番組を制作してきている。

55周年記念の際には、『華麗なる一族』がドラマ化。そうそうたるキャストを揃え、内容は素晴らしいものだった。視聴率も平均20%を越え、最終回のシーンは今でも覚えている。キャストを揃えることは、お金がなければできない。有名な役者ばかりのドラマが素晴らしいとは言わないが、やはり売れている人はそれ相応の魅力や演技力があるわけで、見ている方としては面白い。

今年60周年記念では、『南極大陸』の他に『99年の愛〜JAPANESE AMERICANS〜』『日曜劇場・JIN-仁-』が作られた。99年の愛は5夜連続放送。初回12、6%で視聴率が取れないと思われたが、その内容の良さから視聴率を上げ、5夜目には19,1%を記録した。ちなみに、最終回の放送日には日本シリーズが被っていて、その中でこの数字を叩き出したことになる。仁は言わずもがな、平均視聴率20%越えのドラマである。いくつもの賞をとり、海外向けにも放送されている。華麗なる一族以前の○○周年記念に、連続ドラマはほとんどない。40周年記念時の『渡る世間は鬼ばかり』くらいだ。つまり、華麗なる一族~99年の愛~仁の、記念番組をドラマにしているパターンの場合、内容面はもちろん、視聴率面でもコケていないといっていいだろう。それだけ視聴者も期待していることがわかる。

2.日曜劇場の木村拓哉は強い!

何か競馬予想みたいになってきましたがご了承を。
木村拓哉が日曜劇場で主演をしたドラマにはこれまた外れがない。
ビューティフルライフ→GOOD LUCK!!→華麗なる一族→南極物語
の流れである。木村拓哉ドラマでも、メイン級のドラマが勢ぞろいしているといっていいだろう。ちなみにビューティフルライフ最終回は41,3%・・・化け物だ。100発100中だ。
「キムタク演技にうんざり」という人がいるが、私はそうではない。役にハマれば、木村拓哉の演技は何度見ても良いと思う。華麗なる一族の最終回の演技は、これからもずっと忘れない。これは3の理由にもつながるが、中心に木村拓哉が居るからこそ、脇にも目が行くという利点もある。

3.キムタクドラマは脇を見るのが面白い

視聴率が取れる木村拓哉ドラマは、脇の面々が凄いキャストになることが多い。
今回の場合のような○○開局記念番組ならなおさらだ。個人的には華麗なる一族の時の方がキャストが強かった気がする。が、それでも普通のドラマに比べたら凄いメンツが揃っている。

倉持岳志 … 木村拓哉
     
高岡美雪 … 綾瀬はるか
氷室晴彦 … 堺 雅人
犬塚夏男 … 山本裕典
横峰新吉 … 吉沢 悠
船木幾蔵 … 岡田義徳
谷 健之助 … 志賀廣太郎
嵐山 肇 … 川村陽介
山里万平 … ドロンズ石本
  ○  
白崎 優 … 柴田恭兵 (特別出演)
  ○  
古館綾子 … 木村多江
古館遥香 … 芦田愛菜
古館 亮 … 井上瑞稀
鮫島純子 … 加藤貴子
横峰奈緒美 … さくら
犬塚美津子 … 大野いと
古館智大 … 山本 學
倉持の父 … 渡瀬恒彦
  ○  
鮫島直人 … 寺島 進
内海典章 … 緒形直人
星野英太郎 … 香川照之
(参考元:南極大陸公式サイトhttp://www.tbs.co.jp/nankyokutairiku/cast/)

数字取りだとは思うが、二番手にはキムタクお気に入りと言われている綾瀬はるかが出演。綾瀬はるかは今一番数字を持ってるんじゃないと言うくらいの女優だから、これは大きい。
堺雅人、岡田義徳、緒方直人、香川照之等の共演に注目したい。
木村拓哉×堺雅人な時点で、自分は超興奮していますが。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。