ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“ブーマックス”に“ヒヒンツェル”? 『ズートピア』がもう一度観たくなる名作パロディの小ネタを紹介

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

zootopia_1

「面白さがエグい!」と編集部でもその話題で持ち切りの映画『ズートピア』(大ヒット公開中)。動物たちがまるで人間のように暮らすハイテク文明社会“ズートピア”を舞台にしたこのファンタジー・アドベンチャーは、ユニークなキャラクターや最後まで目の離せないストーリー展開に加え、ディズニーらしい小ネタの数々もその大きな魅力のひとつです。

隠れミッキーは序の口で、トゥモローランドっぽい街が登場したり、キッズたちには絶対伝わらないであろう海外ドラマ『ブレイキング・バッド』や映画『ゴッドファーザー』(!)のパロディまで披露するサービス精神には頭が下がります。

【関連記事】Savanna Thavasa(サバンナタバサ)にThe Beagles(ザ・ビーグルズ)! 楽しい小ネタ満載の『ズートピア』
http://getnews.jp/archives/1443720

今回ご紹介するのは、ディズニー・アニメならではのパロディネタ。泥棒イタチが露店で海賊版DVDを販売している場面、売り物のパッケージをよく見ると……、『ブーマックス』『塔の上のヒヒンツェル』『ラッコと海の女王』『ツノー・ラッシュ』など人間界でも大人気のあのアニメーション作品がッ! 何とも遊び心あふれる演出です。クリエイターたちも心から楽しんで考えたんだろうなぁ。

zootopia_2

なぜブタを採用して『ブーマックス』なんだろうと思ったら、『Big Hero 6(原題)』をもじって『Pig Hero 6』ってワケですね。なるほど。

このように、字幕版では日本語版とは異なる原題をもじったタイトルが見られます。『MEOWANA』はハワイを舞台にした次回作『Moana(原題)』。『GIRAFFIC』は『ジャックと豆の木』を題材にした2018年公開予定の新作『Gigantic(原題)』が元ネタですね。ちゃっかり次回作の宣伝を入れ込むあたりも抜け目ないです。

これから映画を観賞する人も、もう劇場で観たけど気付かなかったという人も、目をよーく凝らして探し出してみてくださいね!

『ズートピア』ジュディとニックの“セルフィー”が可愛すぎる!(YouTube)
https://youtu.be/MRxmjWE-640

(C)2016 Disney. All Rights Reserved.

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。