体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ズートピア』監督インタビュー バイロン・ハワード&リッチ・ムーア 「生きるために変化は必要なものだ」

IMG_9956_f

『アナと雪の女王』『ベイマックス』のディズニー映画最新作『ズートピア』が、4月23日(土)より全国で公開中だ。

『ズートピア』
動物が人間のように暮らす“楽園”、ズートピア。誰もが夢を叶えられるこの理想の“楽園”の危機に、夢を信じる新米警官のウサギのジュディが立ち上がるが……

本作の監督には、バイロン・ハワード監督とリッチ・ムーア監督、ジャレド・ブッシュ共同監督がクレジットされている。

バイロン・ハワード氏の監督代表作は『塔の上のラプンツェル』、そしてリッチ・ムーア氏の監督代表作は『シュガー・ラッシュ』と名作ぞろい。今回は、バイロン・ハワード氏とリッチ・ムーア氏にインタビューする機会に恵まれることとなった。そこで筆者も、ウサギのジュディの格好でインタビューに臨んだ。

IMG_9959_f_2

部屋に入ってきたバイロン・ハワード監督は俳優と見まごう超イケメン。『ラプンツェル』のフリン王子そっくりだ。一方、リッチ・ムーア監督も実に表情豊かなダンディ。屈託のない笑顔は『シュガー・ラッシュ』のフィックス・イット・フェリックスそのものだ。

IMG_9959_f_1

―― 今日はよろしくお願いいたします。

リッチ:こんな素敵な方にお会いできるなんて!(笑)

―― 今日はジュディが好きすぎてこんな格好で来てしまいました。

バイロン:え?(ウサギの耳を触りながら)これ衣装なの? これが素だと思ったよ(笑)

―― たぶんこの作品を見た人たちは僕みたいにジュディのことが頭から離れられなくなってしまうと思うんです。そのぐらいキャラクターの描写が魅力的すぎると感じました。

リッチ:ジュディというキャラクターは本当に愛されるべきキャラクターです。愛らしくて聡明でありながら、魅力的でとても決意のあるキャラクターなんですね。彼女は可愛くて小さくてフワフワしているというだけじゃなくて、ちゃんと夢を追い求めるやる気があります。
先ほども僕たち話していたんですけど、今、日本は春であり、特に若い方たちは新学期ですとか、就職ですとか、引っ越しですとか、親元家族から離れて自分の人生を生きていくという時でもありますよね。

そういった方々は、彼女のキャラクターからインスピレーションをうけたりすると思います。今日、この格好を着て来ていただいて大変、嬉しいですね!

バイロン:やはりみんながジュディを大好きになる。彼女が愛されるというのは、とにかくだれもが共感できるキャラクターだからと思うんですね。

小さい子供たちはお兄ちゃんとかお姉ちゃんが家を出て行って寂しい気持ちになるっていうのを思い出すかもしれませんし、10代のティーンエイジャーたちはまさにそういう時を迎えていて、自分の人生を歩みはじめる第一歩の門出を迎えているところも共感できるかもしれません。

大人は大人で親の世代になったりすると、ジュディの両親と同じようにですね、子供が巣立っていくところを見守る。親である自分の元を離れて、一人前になっていく心境とかを振り返って思い出すかもしれません。
あるいは、自分が初めて親元を離れて自立したときのことを思い出してちょっとジーンとくるかもしれませんよね。

ホントにどんな年齢層でも誰もが共感できる。そしてあとはやっぱり誰にとってもみんなが、自分が叶えたい夢っていうのを持っていると思っているんです。そういったところでもね、本当にみんなが感情移入できるキャラクターなんじゃないかと思いますね。

1 2 3次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。