体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

看護師さん常駐は事実! 小ネタ満載『笑点 放送50周年特別記念展』レポート

1

1966年にスタートした、日本のテレビ史における“最長寿の演芸番組”『笑点』が、2016年5月で50周年を迎えることを記念し、『笑点 放送50周年特別記念展』がスタートしました。

23

放送50周年ってすごくないですか!? 50年ですよ? 半世紀ですよ!? そしてその放送第1回めから出演している桂歌丸師匠、すごすぎます。しかも歌丸師匠は『笑点』の前身番組『金曜夜席』からのレギュラー。『笑点』の歴史は歌丸師匠の歴史でもあるようなもの。

※すべての画像入りの記事はガジェット通信でご覧ください
http://getnews.jp/archives/1452436[リンク]

2

この記念展は4月27日からの日本橋高島屋を皮切りに、京都、横浜、大阪の高島屋を巡回。『笑点』の歴史や小ネタを身近に感じることができるのに、なんと無料! お近くに遊びに行った際は、足を運んでみてください。

サラッと気軽にまわれる展覧会ですが、歴代の小道具や小ネタなど、『笑点』を見てきた人には興味を引かれるものばかり! 

あのウワサは本当! 『笑点』豆知識が満載

1

会場に入るとすぐに、巨大な歌丸師匠のオブジェがお出迎え。大きくデフォルメされているように見えるのに、本人にそっくり。この満面の笑みの歌丸師匠は撮影OK。ぜひ一緒に記念写真を撮りましょう!

7

そしてテレビで観ているまんまの笑点メンバーのパネルが並ぶセットが目の前に登場。メンバーが手に持つフリップには、「放送50周年をむかえて」の一言が直筆で添えられています。やっぱり笑顔で並ぶ笑点メンバーを観ているだけで、なんだか元気を貰えますよね。

3

左右の壁沿いには『笑点』の歴史がズラリ。

4

50年もあるので本当にいろいろな出来事があるのですが、様々な師匠が真打ちに昇進したり、「ちびっ子大喜利」から男性アイドルグループ“ずうとるび”が生まれるなど、1つのテレビ番組の枠に収まらない歴史が詰まっています。

5

現在の木久扇師匠の名物でもある「いや~ん、ばか~ん♪」の歌。昭和53年(1978年)に実際にレコードとして発売しているなんて知りませんでした。

1 2 3 4次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy