ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

バイク乗りを、寒さ・暑さから守る!アメリカ海軍の特殊技術を使ったベルト式ウェアラブルエアコン「MiClimate」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

レザーウェアやヘルメットを着用するバイク乗りにとって、気温が上がる暑い夏はもちろん、気温が下がる寒い冬も過酷な環境だ。

エアコンが欲しいところだが、車載用の大きなエアコン器具を載せるのもためらいがある……そんな人には、「MiClimate」というベルトストラップ式の“ウェアラブルエアコン”はどうだろう。

・アメリカ海軍の特許技術を活用

「MiClimate」には、アメリカ海軍の特許技術が用いられており、それをもとにデザインや仕様をブラッシュアップしたもの。ベルト・コアユニット・Bluetoothリモートコントロールで構成される。

動作の仕組みはこうだ。コアユニット底部から、周辺大気を吸い込み、特許技術の“熱電技術”を通じて、コアユニット本体で空気を冷却、あるいは加熱する。

・ユーザーのボディをダイレクトに冷却、加温

処理された空気が、ベルトのマニホールド部分から排出され、ユーザーのボディをダイレクトに温めたり、冷やしたりする。ちなみに、最大で10度まで冷却、20度まで加温するという。

コアユニット本体にも温度調節ボタンが設置されているので、リモコンを使わなくて済む。USBポートも搭載されているので、ケーブルでつなぎ、スマートフォンなどの電子デバイスの充電も併せておこなえる。ちなみに、特殊なゴムでコーティングされているので、衝撃に強い。

・重さわずか0.7kg、軽くて着用していても目立たない

ベルトストラップは伸縮性があり、あらゆる体型の人にフィット。ベルト式ならジャケットの下に着用していても目立たないし、何より重さは約0.7キログラムほどしかなく、軽いので邪魔にならない。

Bluetoothリモートコントロールは、自転車のハンドルバーに設置するタイプで、運転中の操作がしやすくなっている。

「MiClimate」は30ワットの電力消費で、バイクのバッテリーで動作するが、予備バッテリーとして12ボルト・72Whリチウムイオンバッテリーを使えば、最大4時間の使用が可能だ。

・Indiegogoで出資を受付中

現在、クラウドファンディングサイトIndiegogoで出資を受付中で、ベースキットだけなら249ドル(約2万7000円)、ベースキット+リモコン・ケーブル+バッテリーパック同梱なら269ドル(約2万9000円)~となっている。

バイク乗りだけでなく、自転車に乗る人にも良いアイテムかもしれない。

MiClimate

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP