ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【行ってみた】シェイク シャック2号店は恵比寿! 『恵比寿アトレ西館』4月15日オープン

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


恵比寿周辺にお住いのみなさま、朗報です。東京・恵比寿にショッピングモール『アトレ恵比寿西館』が2016年4月15日にオープンしました。場所は恵比寿駅西口から徒歩1分。

今回『アトレ恵比寿西館』では、『Cosme Kitchen(コスメキッチン)』が手掛ける初のオーガニックレストラン『Cosme Kitchen Adaptation(コスメキッチン アダプテーション)』や、ニューヨーク発祥のハンバーガーレストラン『Shake Shack』2号店、MUJI BOOKSを併設した『無印良品』、珈琲好きにうれしい『猿田彦珈琲』など、27店舗が集まっています。

編集部スタッフが『アトレ恵比寿西館』内をさっそくぶらぶら散策! ご紹介いたします。

『恵比寿アトレ西館』4月15日オープン! 行ってみた

ハンバーガーに合わせたオリジナルビールも! 『Shake Shack(シェイク シャック)』2号店


ニューヨーク発祥のハンバーガーレストラン『シェイク シャック』2号店が『恵比寿アトレ西館』1階にオープン。

マンハッタンの都心部をイメージした店舗設計。カリカリのベーコンとジューシーなお肉のハーモニーがたまらないスモークシャックはぜひ一度食べてみて。

ハンバーガーにの相性を考えられたオリジナルビール『シャックマイスターエール』や、レモネードやティーブレンドのレモネードなど暑い夏にごくごく飲みたいラインナップ。どれもバーガーにぴったり。

フローズンカスタードを用いた『コンクリート』と呼ばれるオリジナルアイスからは、恵比寿限定メニューが登場。恵比寿と掛け合わせて『E-bean-su(エビーンス)』と小豆などが使われて美味。

『コンクリート』は傾けても落ちないそう。コレ豆知識。

野菜たっぷり! オーガニックレストラン『Cosme Kitchen Adaptation(コスメキッチン アダプテーション)』


ナチュラルコスメブランド『Cosme Kitchen(コスメキッチン)』が手掛ける初のオーガニックレストラン『Cosme Kitchen Adaptation(コスメキッチン アダプテーション)』。

美と健康がコンセプト。マクロビオティックやビーガンの思想など、注目の料理スタイルが取り入れられているのが特徴。メニューには有機野菜や特別栽培の季節野菜がふんだんに使われていたり、コールドプレスジュースバーが隣に並んでいたりと、美容に気を使いたい人におすすめ。

10種類の野菜のファラフェルサンド。野菜たっぷり!

マキベリー、アサイー、ゴジベリーなどスーパーフードとストロベリー、ブルーベリーが使われたパフェ。さっぱりといただけます。

あのルームウェアがデザートに『ジェラート ピケ カフェ クレープリー』


フランスのルームウェアブランド『ジェラート ピケ』プロデュースのクレープ屋さん。『ジェラート ピケ』のブランドコンセプトは、”大人のデザート”。……ということで、ほんとにデザートになって登場。

高級バター“エシレバター”を使ったクレープなど本格派なクレープは生地がモチモチ。恵比寿限定スイーツもあります。

MUJI BOOKSが併設! 掘り出しものの洋書がずらり『無印良品』


MUJI BOOKSはキャナルシティ博多、有楽町、新光三越台南西門、上海淮海755に続いて5店舗目。通常の本屋で並んでいる書籍と違い、MUJI BOOKSが独自にセレクト。生活・ライフスタイルに特化した本や、珍しい洋書が並んでいます。


海外の出版社の倉庫に眠るデットストックから発掘された『蔵出し洋書』など、なかなか巡り合えないような画集、写真集がずらり。


MUJI BOOKS担当の方に「お気に入りの本などありますか?」と、聞いてみたところ「鳥の後頭部のみ撮影された写真集です。たまにまつげとかあって可愛いですよ」と、不思議な本を教えていただきました。鳥好きも、鳥好きでなくても面白い!


猫の本と猫草が並んでいたり、ディスプレイにも趣向が凝らされています。


店内では、1杯100円で珈琲を購入できるので、珈琲を飲みながら、読書したり、店舗内を見て回ることができます。


オリジナルギフトラッピングが作れちゃうコーナーを発見。『無印良品』のギフトラッピングが並んでおり、ハンコも設置されています。

名言入りのブックカバー。ハンコでアレンジしてオリジナルカバーにも。こちらは無料。

関東の『無印良品』店舗ではじめてのメイクカウンター。噂のコスメ、ちょっと試してみたかった! という方、自分のメイクに合わせて選べるのでこれはうれしい。

『無印良品』のReMUJI。古着を回収して、エコ藍染めに仕立てた洋服が販売。美しい藍色! 掘り出し物に出会えるかも?

軽食『猿田彦のスラット』やカステラもあるよ『猿田彦珈琲』


恵比寿でコーヒー店といえばやっぱり『猿田彦珈琲』かな、というコーヒー好きの方も多いのでは。恵比寿アトレ西館内にやってきましたよ!

テイクアウトももちろんですが、店内にてカフェタイムを過ごすこともできます。


珈琲豆を使ったカステラや、マッシュポテトと半熟卵を使った軽食『猿田彦のスラット』など、恵比寿にある猿田彦珈琲の3店舗内ではアトレのみの販売のものも。

眺めて楽しい『成城石井』とワインバー『La Bar aVin 52』


高級オシャレスーパー『成城石井』。こちらは本館とまた違った商品展開。

みどころは『成城石井』初のナッツバー! 好きなナッツを詰め合わせてオリジナルミックスナッツも作れます。ナッツ好きはたまりません。


じわじわブームの兆しのはちみつ。恵比寿店では、125種類のはちみつを取り扱い。

珍しいものは巣入りのはちみつ。


成城石井が手掛けるワインバー『La Bar aVin 52』。成城石井ならではのワインのラインナップ。お酒好きはぜひ訪れてみて。

恵比寿ならではのお酒に巡り合えるかも『恵比寿君嶋屋』


ホームパーティーなどの手土産に活躍するお酒。ワイン、焼酎、日本酒が大充実。

『恵比寿君嶋屋』はパッとみたところ酒屋さんなのですが、なんと店内はちょい飲みできるスペースが設置。

アトレ恵比寿店限定のお酒。芳醇な味わいが魅力の大吟醸。この機会にお試しあれ。

絶品お惣菜はココで『バル マルシェ コダマ』


パテやソーセージなど、肉系のひょいと買って帰りたいお惣菜。最高ですね。レストランと併設されています。

記者もソーセージを試食しましたが、肉汁たっぷりでジューシー。旨し!

いかがでしたか?

『アトレ恵比寿西館』は2016年4月15日(金)オープン。お近くの方はのぞいてみては。

公式サイト

アトレ恵比寿西館
http://cam.atre.co.jp/cam/1603/

erini (エリーニ)の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信のナカノヒト。バレエと漫画が好き。特技は漫画の早読み。 おでかけとヒキコモリをいったりきたり。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP