体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

セルフ日本酒生樽サーバーも体験! スーパーや居酒屋では見かけない日本酒を飲み比べてみた

kurand-3-7 (3)

お酒が大好きな筆者。特に辛口の日本酒が一番好きです。今回は時間無制限で100種類以上の日本酒飲み比べに加えて、『日本酒生樽サーバー』もセルフ利用できるという『KURAND SAKE MARKET』新宿店にお邪魔しました。

自分で注げる、セルフ”日本酒生樽サーバー”を体験

kurand-3-2

2016年4月6日にオープンしたばかりの『KURAND SAKE MARKET』新宿店。場所は、東京メトロ新宿三丁目駅C6出口から徒歩0分、JR新宿駅東口から徒歩7分の、新宿・ワタセイ・タマビル4Fです。

『KURAND SAKE MARKET』としては池袋、渋谷、浅草に続く4号店で、以前紹介した渋谷の『SHUGAR MARKET』同様、入場料3240円(税込)で、時間無制限で100種類以上のお酒が飲み放題。

食事の持ち込みやデリバリーもOK、という点は同じです。

kurand-3-5

ラインナップは日本酒のみ。それも、スーパーや居酒屋などではあまり見かけない、まだまだ知られていない蔵元にスポットを当てています。

kurand-3-3

お酒には“辛口”、“淡麗”、“初心者向け”など、味の傾向をを示したアイコンと、ナンバーがついています。ナンバーは店内のカタログに対応しているので、蔵元のエピソードを読んで呑むもよし、直感で呑んで後から確認するもよし。

kurand-3-4 (2)

新宿店の目玉はなんといっても『日本酒生樽サーバー』! 蔵元でしか味わえない日本酒を、専用サーバーから直接注ぐことが出来ます!

kurand-3-5 (2)

なんか飲み屋さんの奥のほうで、こういうの、見たことがあるような。でも自分でやったことはないので、初体験にワクワク。今回は旭鶴でしたが、お酒の種類は時々変わります。

kurand-3-6 (3)

「シュッ!」という音と共にあっという間にお酒が注がれます。スパークリングではないけど、アワアワに。

kurand-3-7 (3)

注ぎたてはやっぱりフレッシュ! 口当たりや香りがぜんぜん違う気がします。贅沢な味わいです。

現役の杜氏さんに聞く!今、若者が求めている日本酒とは?

kurand-3-00jpg

今回は、埼玉県深谷市の滝澤酒造で杜氏をされている滝澤英之さんにお話を伺うことができました。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。