体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

話題騒然! 『石田三成×滋賀県ポータルサイト』で公開された石田三成CMの第二弾が公開

ishidamitunari2

2月23日にガジェット通信でも紹介した地元出身の戦国武将・石田三成とコラボした『石田三成×滋賀県ポータルサイト』。その後、3月5日に公開された動画・石田三成CMがネット上で大きな話題となりました。素人感覚満載の手作り感溢れる動画は多くの共感を呼び、3週間でなんと91万8千回の再生回数を達成しています(Youtube 3/26現在)。

石田三成CM<第一弾> – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=Bp_JCOWYorA

3月27日公開された第二弾は6話構成の総集編

石田三成CM<第二弾> – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=yAaNoci3_FQ

3月27日午前0時に第二弾が公開されました。第一弾が好評だったためか、今回は6話構成の総集編となっています。

【1話】民にやさしい武将

石田三成愛用の乱髪兜を被った外人女性が、虹がかかる琵琶湖岸のヨシ原で髪を梳く映像が流れ、BGMには“みつなり~、みつなり~”と女性コーラスの美しいメロディが。「民にうるおい」「民にやさしい」「健康な民」「美しい民」の文字が画面に順に表示されていきます。
髪を民に置き換えたヘアケアCMのパロディでしょうが、滋賀県が公開している『虹予報』をイメージさせる映像構成も好感が持てる演出です。

【2話】ホントはいいひと石田三成

メガネをかけた親子が登場。メガネのレンズ部に描かれた目はもしかして徳川家康の肖像画の目を模したのでしょうか?

「東軍メガネをかけているみんな」「ほんとの三成みえているかい」

石田三成の肖像画の背景には[かたい][ずるい][つめたい]の文字が。

「東軍メガネをはずしてごらん」「ちがった三成みえてくるよ」

石田三成の肖像画の背景には[かしこい][やさしい][あったかい]の文字が。

そこで子供が叫ぶ。

「そうかぁ、関ヶ原以降の作られた逸話で、悪役のイメージが定着してしまっていたんだね!」

最後に男性のアナウンスが流れ、

-あなたも東軍メガネで見ていませんか?-

ローカルメガネチェーンのCM風アレンジで、石田三成=悪役というイメージを定着させたのは、関ヶ原で勝利した徳川を中心とした東軍であり、真実はその反対であるということをPRしています。

【3話】愛されて19万4,000石

膨らんだ年貢で悩んでいませんか?という女性のアナウンス。

「石田三成領では凶作の年に年貢を免除した実績があります」

関西のTVCMでよく流れている弁護士事務所・利息の過払い請求のCMのパロディですね。

【4話】レイクビュー佐和山城跡

「パパ、今度の日曜日にぜったい佐和山城へ行こうね!」
子供が父親にせがみます。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。