体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

1万円のコンパクトデジカメで一眼レフにどこまで迫れるかやってみた!

タイトル

プロカメラマン受難の時代である。
その昔、カメラ自体が高価だった頃、一般の人々はカメラに触ったことすらなかった。
なので、写真を取れるというだけで「ほーっ!」っと羨望のまなざしが飛んできた。

日本では昭和30年代からカメラは普通の人でも触れるようになり、40年代には一家に複数台揃うようになった。
しかし、それでも操作はマニュアルなので、プロとアマチュアの差は歴然としていた。
平成に入ってフィルムカメラはオートフォーカスが主流に。しかしフィルムは24枚撮れば現像費も合わせて2000円以上が飛んでゆく。
シャッターは慎重に押すもので、当時テレビカメラマンとして超安月給で修行中の私は、フィルムカメラを覚えるのに素振りのようにフィルムの入ってないカメラで構図や露出を決めてシミュレーションを繰り返した。
ビデオの世界でも旅行に手軽にもって行ける『パスポートハンディカム』がデビューしていたが、その画質はテレビカメラと比較すれば一目瞭然。カメラマンの腕以前に機材が勝負を決めた。

ところが、今はどうだろう。プロが使う80万円の『EOS1D Mark3』と、バーゲンセールで売っている5万円以下の『EOS KISS』の画質の差はほぼ区別がつかない。
その差は、“100枚写真を撮って、ある特別な条件にあたる一枚だけは、『EOS1』の性能を持ってないと撮れなかっただろう”という程度だ。普通に使う限りほとんど差はない。おまけにデジタルだ。何枚でも基本的にコストは変わらない。

プロカメラマンが新しい機材を買うたびに街には手頃な中古が出まわり、それを買ってプロよりもたくさん練習を重ねる素人がインターネットで写真を公開し切磋琢磨してゆく。元プロカメラマン(テレビだけどね)としては、今でも現役で頑張っていらっしゃるカメラマンに対して謹んで同情申し上げる次第である。

正直、多くのカメラマンは普及機の進歩に、内実うれしい気持ちと不安が交錯しているのではないかと想像する。
カメラマンはセンスである。もちろんそれは否定しない。
しかし世の中全てのカメラマンが、神の導くままに天性のセンスを持って天職についたわけではない。間違ったからといって、好きな仕事をあっさりと転職できるものでもない。では、どうするか。

その昔は、機材を触る技術を覚えればプロになれた。機材の優位性がなくなってからは、プロならではのTIPSを数多く覚えて差別化をはかった。
構図の基礎、照明の基礎はもちろん、人物写真の撮り方、失敗写真の修正、女性のシワを取る方法、かっこいいフィルターワークなどなど。そうした職業カメラマンの努力をあざ笑うかのように、最近のデジタルカメラは、それもコンパクトデジカメになればなるほど、飯の種であったTIPSを惜しげもなく自動化して新機種に追加してゆく。

手ぶれ補正や逆光補正、顔認識程度なら笑っていられた。が、最近は夜景モードに花火モード、果ては美顔モードやら美白モードやら、撮影ノウハウやレタッチを必要とした技術がどんどんワンタッチ機能で搭載されてゆく。TIPSで勝負してきたカメラマンは、まさしく受難の時だ。

そんな中でも、大きなサイズのセンサーを積んだ高い機材ではないと実現できなかった領域がある。
後ろボケ(前ボケ)写真高感度写真だ。

高感度は、画素あたりのセンサーの大きさが基本的にはモノをいう。画素数が増えてもセンサーサイズは小さいコンパクトデジカメは画素あたりの面積はますます小さくなるので、基本的には感度競争で負ける。
そして女の子写真の定番である美しい後ろボケは、センサーの大きさとレンズの大きさ(開放値)がないと光学的に不可能だった。

が、コンパクトデジカメの技術革新は、とうとうこの聖域にまで手を伸ばしてきた。そんなカメラの一つがソニーの『サイバーショット』だ。こいつは、iPhoneより小さいサイズのくせに、三脚なしでもノイズのない美しい夜景写真が撮れて、しかも女の子の背景をぼかすこともできるという。おまけにフルハイビジョンで動画も撮れる。

まったく、なんて時代になっちまったんだ。
ということで、実際に入手してどこまで最新一眼レフに迫れるか、おそるおそる試してみた。
セコハンガジェットライフを楽しむ私としては、入手経路はもちろんヤフオク。コンパクトデジカメなんだから予算は1万円以内である。最新機種の一つ前の機種『CyberShot DSC-WX5』だが、発売は2010年8月でまだ一年しか経っていない。
こんな最新機種が1万円以内で入手できた。それはそれでやっぱりうれしい。やっぱりいい時代だ(笑)。
コスト削減を目指すべく、ケースは高級感あふれる本革風のメイドインダイソー! もちろんワンコインである。

1万円以下には到底見えないこの高級感。ハッタリかますには充分すぎる。
とんでもない機能を実現した『WX5』のからくりは、おおまかには裏面照射型CMOS(センサー)と多重撮影合成技術の組み合わせ。簡単にいえば、配線のないセンサーの裏側を表にして光の入る面積を増やした新開発のCMOSセンサーを搭載し、1秒間に何枚も撮れる連写で画像を自動合成して、暗いところや後ろボケを作り出すというとんでもない技術だ。
カタログスペックや機能はいろんなレビューが出ているのでそっちを見てもらうことにして、実際に使ってみた実力はどうなのか試してみた。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会