体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【閲覧注意】知らなくてもよかったモノが見えます スマホに接続できる内視鏡カメラ

sc-005

一昔前なら医療現場や特殊な職種の人しか使えなかった内視鏡カメラも、最近では手軽なものが出てきました。 
ただ、表示用の液晶を備えたものは興味本位で買うという意味では高価です。また、安価なUSB-Webカメラ形式のものはパソコンが無いと使うことが出来ません。内視鏡は興味があるけどパソコンは持ち運びたくないと思う人や、今だと家庭にパソコンがない家も多いです。 
今回、個人的にサンプルをもらった『デプステッチ DEPSTECH USB接続エンドスコープ MKNKJ0010』を使うとAndroidのスマートフォンに接続して使うことが出来ます。追加でアプリのインストールも必要ですが、制限付きであれば無料なので安心です。

アプリをインストールして接続するだけ

設定も簡単で、対応したアプリをインストールして、MicroUSB端子に内視鏡を接続するだけです。 
あとは、写真や動画を撮影する感覚で操作すれば写真や動画が記録されます。今回は『CameraFi – USB Camera / Webcam』(Vault Micro, Inc. https://play.google.com/store/apps/details?id=com.vaultmicro.camerafi)を使いました。無料だと撮影した映像に透かしが入りますが、個人的な観察や実験記録という事であれば問題ないです(対外的に発表する場合はアプリ内購入で透かしを外すことをおすすめします)。

sc-004

内視鏡全体です。MicroUSB端子が付いています。

sc-003

これだけ見れば病院の内視鏡と変わらない感じです。

画像1

無料だと透かしが表示されます。

特に難しい設定も無く、内視鏡をMicroUSB端子に接続して、対応アプリを起動するだけです。これだけであなたのAndroidスマホが内視鏡になります。 
手持ちに使わなくなったスマホがあれば、内視鏡専用として使ったり、子供の自由研究や学習用として活用できると思います。

sc-002

気になる穴があったら見てみましょう。

注意点としては、動物の体内(ヒト含む)を観察しないことを徹底して下さい。必ずこの手の器具を子供が手にするとやりたくなることですが、感染症など冗談ではすまない事になるので徹底が必要です。 
また、使い方によっては盗撮にも使えるので、持ち運ぶ場合には注意して下さい。必ず内視鏡は単体でケースに入れて、スマホやPCに取り付けられない状態で運搬して下さい。

身近な恐怖を体験しました

今回は、洗面台の排水の中と全自動洗濯機の中を見ました。どちらもイメージとしては衛生的で綺麗という感じです。

画像5

洗面台の排水溝に突入です。

画像2

入れた瞬間、後悔です。食事中の方はごめんなさいというコメントが付きそうな映像です。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy