ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

東京・春・音楽祭が華やかに幕開け、リッカルド・ムーティ「音楽は絶対に裏切らない」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
東京・春・音楽祭が華やかに幕開け、リッカルド・ムーティ「音楽は絶対に裏切らない」

 東京・上野の風物詩【東京・春・音楽祭―東京のオペラの森2016】が3月16日より開幕し、リッカルド・ムーティ指揮 日伊国交樹立150周年記念オーケストラがオープニングを飾った。

 2016年は日本とイタリアが国交を樹立して150年という節目の年。150周年を記念し、この日のオーケストラは、日本人若手奏者とイタリアのルイージ・ケルビーニ・ジョヴァニーレ管弦楽団によって特別編成された。公演の前には、日本イタリア国交150周年事務局長/外務省欧州局長の林肇氏より、リッカルド・ムーティに向けて「私達の尊敬の気持ちを込めて」というメッセージとともに記念切手が贈呈された。そして、ムーティ氏は「このように若い音楽家が一緒に演奏し、一つになれるのは音楽の大きな要素」と述べ「政治は言葉を使います。そして、言葉は時に裏切ることがある。でも、音楽は絶対に裏切りません」と力強く挨拶した。

 公演は、ヴェルディ作曲のオペラ「ナブッコ」序曲で華やかに幕開け。その他、オペラ「マクベス」第3幕より舞曲や、オペラ「運命の力」序曲などヴェルディの代表作が次から次へと演奏され、客席を沸かせた。そして休憩をはさみ、後半はアッリーゴ・ボーイトの代表作「メフィストフェレ」のプロローグ。日伊国交樹立150周年記念オーケストラ、東京オペラシンガーズ、東京少年少女合唱団、そしてバスのイルダール・アブドラザコフによる荘厳な響きが会場を満たした。本プログラムは、3月17日に東京芸術劇場でも予定されており、偶然にも17日の公演がムーティにとって150回目の来日公演となる。

 【東京・春・音楽祭】は、東京文化会館、国立科学博物館、上野の森美術館など上野を中心に約1ヶ月にわたって開催されるクラシックの音楽祭。今年で12回目を迎え、上野耕平、前橋汀子、三浦友理枝、NHK交響楽団、マレク・ヤノフスキ、アレクサンダー・ロマノフスキらが登場する。写真提供:東京・春・音楽祭実行委員会 / 撮影:青柳聡

◎公演情報【日伊国交樹立150周年記念リッカルド・ムーティ指揮
日伊国交樹立150周年記念オーケストラ~東京春祭特別オーケストラ&ルイージ・ケルビーニ・ジョヴァニーレ管弦楽団】
3月16日(水)東京文化会館大ホール
3月17日(木)東京芸術劇場 コンサートホール
出演:
指揮:リッカルド・ムーティ
管弦楽:管弦楽:日伊国交樹立150周年記念オーケストラ~東京春祭特別オーケストラ&ルイージ・ケルビーニ・ジョヴァニーレ管弦楽団
バス:イルダール・アブドラザコフ
合唱:東京オペラシンガーズ
児童合唱:東京少年少女合唱隊
合唱指揮:ロベルト・ガッビアーニ、宮松重紀
児童合唱指揮:長谷川久恵
曲目
ヴェルディ:
歌劇 《ナブッコ》 序曲
歌劇 《ナブッコ》 第1幕 より 「祭りの晴着がもみくちゃに」
歌劇 《アッティラ》 第1幕 より アッティラのアリア「ローマの前で私の魂が…あの境界の向こうで」
歌劇 《マクベス》 第3幕 より 舞曲
歌劇 《運命の力》 序曲
歌劇 《第1回十字軍のロンバルディア人》 第3幕 より「エルサレムへ、エルサレムへ」
ボイト:歌劇 《メフィストフェレ》 プロローグ

◎公演情報
【東京・春・音楽祭 −東京のオペラの森2016−】
期間:2016年3月16日(水)~4月17日(日)
会場:上野恩賜公園(東京)、東京文化会館、上野学園 石橋メモリアルホール、国立科学博物館、東京国立博物館、東京都美術館、国立西洋美術館、上野の森美術館、東京芸術劇場 他
More info: http://www.tokyo-harusai.com/

関連記事リンク(外部サイト)

日伊国交樹立150周年を記念し、リッカルド・ムーティの記念切手が発売
リッカルド・ムーティ&シカゴ響 初来日公演が終了、野田愛子(vn)「自由に演奏させてもらえる環境に日々感謝しています」
ピアニスト上原彩子インタビュー、「2人の作曲家を通してロシアの混沌とした雰囲気を感じて」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。