ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【行ってみた】寿司にもやっぱりビールでしょ! スプリングバレーブルワリー東京『寿司フェス』 2月26日より開催

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


東京・代官山にあるクラフトビール専門店『スプリングバレーブルワリー東京』にて、クラフトビール4社と回転寿司3社、日本ビアジャーナリスト協会と共同のコラボイベント『寿司フェス』が2016年2月26日から28日までの3日間限定で開催。

ビール好きは、お米に合わせるのもやっぱりスシ! そんな願望をかなえる和食「寿司」とクラフトビールのペアリングを体感できるイベント。寿司もビールも好物のガジェット通信、編集部スタッフが訪れてみました。

スプリングバレーブルワリー東京『寿司フェス』へ行ってみた



さっそく、代官山にあるスプリングバレーブルワリー東京『寿司フェス』受付へ。『寿司フェス』イベントはチケット制。入場料300円+300円×5枚チケット付きの1800円です。



気になるクラフトビールのラインナップは、東京地ビール『多摩の恵』、『常陸野ネストビール』『kONISHIビール』『ヤッホーブルーイング』『スプリングバレーブルワリー』から寿司を引き立てるビール全部で12種。寿司ネタも12種類。全部食べてみたいところです。

受付で渡されるペアリングマップを使うと、飲んだものやビールとの食べ合わせをチェックできる仕組み。オススメもありますが、ここは、食べ合わせの相性を自分で飲みながら、チェックすべし。



寿司にはやっぱり……! ほうじ茶を使った
注目のクラフトビール『あがりエール』など、3日限定登場


今回、スプリングバレーブルワリー東京では『鮨祭(すしまつり)』と『あがりエール』の2種類のクラフトビールが3日間限定で『寿司フェス』に登場。

なかでもほうじ茶を使った『あがりエール』は、和の香り高いビール。飲んでみると、香ばしいお茶のかおりが「ほわーん」。さっぱりとした後味がハマりそうな味わいです。まさに寿司にぴったり。

ビール美女にオススメ寿司をきいてみた
「合わせてみたい名脇役はイカ」


そうはいっても、難しそうなクラフトビールとの食べ合わせ。オススメを、この日、着物に身を包んだビール美女、スプリングバレーブルワリーのマーケティングマネージャー吉野さんにきいてみてみました。

「華やかな寿司ネタに埋もれてしまいがちなのですが、私のオススメはイカ。と、スプリングバレーブルワリー東京の定番クラフトビール『Daydream』と一緒にペアリング(一緒に食べ合わせる)すると、柚子の爽やかな香りが相性いいので、サッパリといただけますよ。こってりしたメニューの間に食べるのもいいと思います」とコメント。


イベントでは、どの組み合わせがぴったりか、投票コーナーも設置されています。ワイワイ友達と投票してみて。

寿司×クラフトビールの組み合わせ、ビール好きや寿司好きのみなさま、訪れてみては? スプリングバレーブルワリー東京『寿司フェス』は、2016年2月26日から28日まで開催中です。

SPRING VALLEY BREWERY TOKYO

http://springvalleybrewery.jp/

erini (エリーニ)の記事一覧をみる ▶

記者:

バレエと漫画が好きです。特技は漫画の早読み。 ガジェット通信や、Otajoで執筆中。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP