ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

鉢呂経産相が辞任発表 会見で記者から怒号飛ぶも、ニコ生視聴者は「辞任反対」多数

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
鉢呂吉雄経済産業相

 鉢呂吉雄経済産業相は2011年9月10日夜、経済産業省で記者会見を開き、経産大臣を辞任したこと発表した。

・[ニコニコ生放送]鉢呂経産相の辞任会見冒頭から視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv63357589?po=news&ref=news#01:51

 鉢呂経産相は、会見冒頭で、

「本日、野田総理大臣にお会いをし、経産大臣を辞任したいという申し出をし、受理をしていただいた」

と述べ、その上で、

「私の発言で国民の皆さん、とりわけ福島県民の皆さまに多大な不信の念を抱かせてしまい、大変申し訳ございませんでした」

と謝罪した。

会見では記者から怒号が飛ぶ場面も見られた

 辞任のきっかけとなった発言については、鉢呂経産相が、

「昨日の記者会見におきまして、(福島県について)『死の街』という表現をしたこと。非公式の記者との懇談の場で、不信の念を抱かせるような発言があったこと」

と説明。一部報道では親しい記者らに向けて「放射性物質がうつった」といった趣旨の発言をしたとされるが、被災地の「大変厳しい状態を共有して欲しいという思いを込めた」ものであると言うにとどめ、具体的な内容については明言しなかった。このような曖昧な回答に対して記者から、「(不信の念を抱かせた発言をきちんと)説明しろって言ってんだよ!」との怒号が飛び、別の記者から「記者なら敬意をもって質問して下さい!どこの社だ!」と遮られる場面も見られた。

会見を中継したニコニコ生放送での視聴者アンケート

 また、自由報道協会の田中龍作記者が「『死の街』という表現がむしろ福島県民の思いに合う。それほど悲惨な状況である」とし、今回の辞任が「記者による言葉狩り」に端を発することで、一部のインターネットユーザーからは「辞める必要は無い」という声が上がっていることについて問いかけると、鉢呂経産相は、

「やはりあの言葉(=『死の街』)は言うべきではなかった。(『死の街』という)そういう表現しか見つからなかった。あなた(記者)の言葉は大変温かいですが、(辞任の)決断をした。ご理解をいただきたい」

と答えた。

 なお、この会見の模様は、ニコニコ生放送で中継された。視聴者に向けての「辞任すべきかどうか」というアンケートでは、「辞任すべき」41.1%、「辞任すべきでない」44.0%、「わからない」14.9%という結果になっていた。

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送]鉢呂経産相の辞任会見冒頭から視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv63357589?po=news&ref=news#01:51
・[ニコニコ生放送]鉢呂経産相に怒号を飛ばした記者の質問から視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv63357589?po=news&ref=news#06:49

(丹羽一臣)

【関連記事】
鉢呂経産相が辞任 不適切発言で引責
鉢呂経産相の「死の町」発言に、藤村官房長官「不穏当、不適切だ」
東電が「電気使用制限」の解除でコメント 「料金値上げ」には慎重姿勢
武田教授の「東北の野菜は健康を害す」発言に一関市長が抗議のメール
「放射能汚染」懸念、日本赴任を拒む外交官 「風評被害対策を強化」と玄葉外相

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。