体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スバルの「ぶつからないクルマ」は本当にぶつからなかった! 事故6割減 『新型フォレスター』がスゴい!

001

自動車は一般的に5~6年周期でフルモデルチェンジを行うが、スバルの車は年次改良(ねんじかいりょう、通称:年改)と呼ばれるビッグ・マイナーチェンジが施され毎年着実に良くなっていく。スバルの、この実直なモノづくりの姿勢はクルマ好きにはよく知られたところだ。

2012年に登場した4代目フォレスターも、昨年秋の年改で3回目のマイナーチェンジ。2015年11月2日に発売された、いわゆる『D型フォレスター』は特に、安全面のすばらしさが注目ポイントだ。

そもそもスバル(SUBARU)の車は、性能への評価がとても高い!

「安心と愉しさ」。これが現在スバルの掲げるスローガンだ。見た目の派手さではなく、自動車としての基本性能を追求する。結果として運転しやすい疲れにくい走って楽しいという評価を受け、合理主義大国であるアメリカではもちろん、日本国内でもその存在感は着実に増している。バブル崩壊から25年、よりホンモノ志向な世相になるにしたがって、マニアでなくともスバル車を選ぶ人が増えているのは必然かもしれない。

 

独自のツインカメラ機構「アイサイト(EyeSight)」で事故6割減!

そんなスバル車の安心・安全を支える目玉機能が「アイサイト(EyeSight)」である。「ぶつからないクルマ?」というインパクトあるCMが頭に残っている人も多いだろう。人間の目と同じ、2つのカメラで車前方の空間を認識してくれるものだ。

002

これがブレーキと連動して、車、自転車、ガードレール、そして人にぶつかりそうな時に、自動で止まってくれるのだ。この性能が驚異的で、事故を6割も減らしたという調査結果が出ている。富士重工業が先月末に発表した内容によれば、アイサイト搭載車両 ※2010年度~2014年度に国内で販売されたアイサイト(ver.2)搭載車 は非搭載車両に比べて1万台当たりの事故件数において追突事故で約8割減、歩行者事故で約5割減(全体で約6割減)という結果が出ている。

 

『フォレスター』D型には、最新のアイサイトver.3を搭載!

発売中の最新型フォレスターには、最新型のアイサイト(ver.3)が搭載された。スバルはアイサイトにも随時改良を加えており、安全性に磨きをかけているのだ。昨年までのフォレスターC型に搭載されていたアイサイト(ver.2)と比べて、より早いスピードを出していても、たとえ見通しが悪くても止まってくれるようになった、そう捉えてもらって間違いない。結果、フォレスターは国土交通省と自動車事故対策機構(NASVA)らが実施する予防安全性の試験で満点を獲得! 「2015年度 ASV+」という最高評価を得ている

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会